感じたことがそのまま正解

2017年5月26日

おはようございます。小出遥子です。

最近お仕事でお会いしたとても素敵な方が、
こんなことをおっしゃっていました。

自分が「感じた」ものがそのまま正解。
「考えた」ことは他人にツッコまれる。
でも、自分が「感じた」ことは、
他人にとやかく言われる筋合いがない。
だってそう「感じた」んだから。
そこにしか正解はないんですよ。

これ、ほんとうにそうだなあ、と思うんです。
いや、ほんとうにそうだなあ、と「感じる」んです!(笑)

「考える」は、首から上だけですること。
「感じる」は、全身全霊で、世界のすべてと協働してやること。

どちらが強いかと言ったら、断然、後者ですよね。

「感じる」を大切にできる人は、強いです。
彼、彼女が生きる道は、そのまますべて正解だから。
さらに、その正解が、
あくまで「自分だけの正解」であることを知っていて、
そこに一切の不満を覚えていないから。

「この正解を全人類と共有したいんですっ!」
「みんなの間違いを正したいんですっ!」と息巻いている人は、
これって、ほんとうに「感じた」ところからくる正解かな?
頭だけで「考えて」導き出した正解じゃないかな?
と、一度、自分自身に問いかけてみるといいかもしれない。

「自分だけの正解」を大切にできる人は、
「あなただけの正解」も大切にできます。

「私はこう感じます。これは私にとって大切な正解です。
これが“私にとっての正解”でしかないことも知っています。
でも、私にとっては、ここにしか正解がないんです。
だからこそ、あなたが大切だと感じているその正解を、
私は大切にしたいし、尊重したいと感じます」

こころの底からこういう風に言える人は、やっぱり、強いです。

そういうものに、わたしはなりたい。

「感じる」を大切に、生きていきましょう。

よい一日をお過ごしください◎

 

≪今後のTempleのスケジュール≫

【5/28(日)】Temple@瑞因寺
(名古屋でのTemple初開催! ふるってご参加くださいませ!)

【5/30(火)】Temple@神谷町光明寺(ゲスト:プラユキ・ナラテボーさん) ※満員御礼

【6/5(月)】Temple@髙願寺
(ゲスト:小笠原和葉さん)

【7/23(日)】Temple School 特別イベント第2弾(ゲスト:横田南嶺さん、藤田一照さん) ※満員御礼