しあわせを感じたいならいまここで

2017年6月13日

おはようございます。小出遥子です。

人間、どんな人でも、
「しあわせになりたい」と思って生きていると思います。
「どんなときでも、しあわせを感じながら生きていきたい」って。

でも、それがなかなか叶わないのが人生……。
思い通りにいかないのが基本。
しあわせでない状態がデフォルト。
だからこそ!
運良くよろこばしい出来事に遭遇したときには
思いっきりしあわせを感じてしまいましょう!
それが人生の醍醐味なのです!

……って、そんなの真っ赤なウソですから!!!

いや、「思い通りにいかないのが基本」
っていう部分に関して言うなら、ある程度は真実なのですが、
(起こる出来事は「自分」では選べないですからね。)

「しあわせでない状態がデフォルト」
っていう部分に関しては真っ向から否定させていただきます。

人間、ほんとうは、
いつだって「しあわせ」に満たされて生きているんですよ。

そしてそのしあわせは、感じようとさえ思えば、
いま、この瞬間に感じられます。

たとえ自分がいま「思い通りにいかない現実」の中にいたとしても、
しあわせを感じることは可能です。

本来的なしあわせと、いまの自分が置かれている状況とは、
ほんとうに、一切、関係がないんです。

逆に言えば、外側の状況に自分のしあわせを預けている限り、
いつまで経ってもほんとうに満たされることはありません。

しあわせを生きたいなら、いまここで生きればいいんです。

それは可能なことなんです。

なぜなら、しあわせとは、いのちの本質、そのものだから。

「あの人が○○してくれたら私はしあわせ」とか……
「環境が○○な感じに整ったら私はしあわせ」とか……

まあ、そういう風に思うことは個人の勝手ですし、
そういうタイプのしあわせを追い求めるのも、
ある意味、「人生の醍醐味」ではあるのですが、
でも、そういったタイプのしあわせには、
常に、「しあわせじゃない状態」がくっついているのだ、と。
そのことには、できるだけ早く気づいてしまった方がいい。

条件によってもたらされるしあわせは、
その条件が変わった途端に失われてしまいます。

そんな不確かで不安定なものに振り回されるのって、
単純に、疲れませんか?

何度も言いますけれど、しあわせは、いまここで感じられるものです。
外側の状況が整うのを待つまでもなく、絶対的に、感じられるものです。

……なんてことを言ったところで、
「そんなのウソだ!!!」と言われるのが関の山。

そういう方々のために、ここでひとつ、実験をしてみましょうか。

……と思ったけど、長くなりそうなので、
その実験の中身は、また明日の記事で書きますね。
よろしくお願いします。

よい一日をお過ごしください◎

 

明日、6月14日(水)19時より、東京堂書店神田神保町店6階東京堂ホールにて、
『青虫は一度溶けて蝶になる 私・世界・人生のパラダイムシフト』
刊行記念イベント&サイン会が行われます。
禅僧・藤田一照氏、ソーシャルアーティスト・桜井肖典氏と、
私、小出遥子の三人で登壇します。
現時点で残り20席程度だそうです。ふるってご参加くださいませ!

http://www.tokyodo-web.co.jp/blog/?p=14064

≪今後のTempleのスケジュール≫

【6/16(金)】Temple@瑞泉寺
(京都での初Templeです! ふるってご参加くださいませ)

【7/23(日)】Temple School 特別イベント第2弾(ゲスト:横田南嶺さん、藤田一照さん) ※満員御礼