怪人百面相

2017年6月21日

おはようございます。小出遥子です。

さっきなんとなくフェイスブックを見ていたら、
西のお兄さま方が、本人のいないところで(笑)

「小出の人相が変わった。
生意気で戦闘的な感じになってきた」

と語り合っていて、思わずのけぞりました。

ま、まじか~(笑)。

本人としては、終戦宣言もしたし、
戦闘モードは解除しているつもりなんですけれどねえ。

まあ、気にかけてくださってありがたいことではありますし、
彼らが見る小出遥子がバリバリ戦闘モードであっても、
それも、また、よし、と思っています。

でもね、その一方で、
最近会った長い付き合いの友人からは、

「びっくりするほど雰囲気がやわらかくなった」

と言われたりもしたし、

イベント等ではじめてお会いする方からも、

「ふんわりとやさしい笑顔で迎えてくださって、
一目お会いした瞬間に緊張がほぐれました」

と言われたりしました。

と同時に、違う方からは、

「小出さん、思った以上にお笑い系でビックリしています……」

と驚かれたりしまして(お笑い系って……!)、

また、ぜんぜん違うコミュニティーの友人からは、

「目力がさらに強くなったよね」

と言われたりして、

はたまたまったく別の友人からは、

「しっかり者に見せかけたうっかり者、それが顔に出てきた。
アホはアホとして開き直って突き進め!」

と、変な励まされ方をしたりもしました……。

上記、すべてここ1ヶ月の間に言われたことばです。

みんな、ほんとうに同一人物の話をしているんですかねえ?(笑)

面白いですよね。
単純に、面白いお話です。

ちなみに、夫は、

「遥子ちゃんは、いつもあたらしい顔をしている」

と言います。

「あたらしい顔」というのは、
「アンパンマン! あたらしい顔よ~!」的なアレではなく(似てるけどさ!笑)
表情がいつも違って定まらない、ということでしょう。

とくに戦闘モードを解いたこの1か月間、
さらに奥の部分からいろんな表情が出てくるようになったなあ、と思います。

「戦わない」というのは、自分とも戦わない、ということです。
だから、この身にどんなに「お前、誰だ!?」と思うような
思考や感情や表情があらわれたとしても、それを抑えようとも思わない。

「出るんなら、出れば? お好きにどうぞ◎」という感じ。

で、出たなら、もう次の瞬間には、違うものになっているんですよね。

でも、私以外の誰かは、ずっと私と一緒にいるわけではないので、
その瞬間、その瞬間のあらわれを、私とイコールで結びつけるんですね。
良いとか悪いとかではなく、そういうものです。

それに、私自身、「これが私です!」と言えるなにかを持ち合わせていないので、
というか、「これが私です!」と言った瞬間に、それは私ではなくなってしまうので、
だから結局、誰がどんな風にその瞬間の私を表現したところで、
まったく、なんの問題もないのですよね。

まあ、瞬間ごとに「え、まじか!」とか「そんな風に見えるの!?」とか言って
うろたえたり、怒ったり、爆笑したりする私もここにいるわけですが(笑)
それも、また、よし。

ぜんぶ「よし」です。

面白いなあ。

大雨の予報が出ていますね。
どうか、お気をつけて。

よい一日をお過ごしください◎

≪今後のTempleのスケジュール≫

【7/9(日)】Temple@法然院
(ゲスト:梶田真章さん)

【7/23(日)】Temple School 特別イベント第2弾(ゲスト:横田南嶺さん、藤田一照さん) ※満員御礼