日本酒と酒粕(引き寄せの法則について)

2017年6月25日

おはようございます。小出遥子です。

先日、おへその下に常にある「しあわせ感」、
具体的に言えば「あったかくて、なつかしくて、ひろがっていく感じ」
についての記事を書きましたが、この「感じ」を味わうことって、
ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに!!! 大事なんですよ。

だって「しあわせ」ですよ?
人類最大の目標ですよ?

その最大の目標に、
すでに、そして常に到達しているっていうことですからね。
これは最強ですよね。

なぜ最強かって、そりゃあ、
「しあわせを目指してなにかをすることがない」からですよ。
そして、「いまの苦しみから逃れるためになにかをすることがない」からですよ。

ひとことで言えば「自由」なんですね。
外側の条件に左右されない、
ゆるぎないしあわせを感じながら生きるというのは、
そのまま、自由を生きるということです。

で、しあわせに、自由に生きていると、不思議なことに、
いろんな願いもするすると叶ってしまうようになるんですよね。

小さなことで言えば、
本を読んで、「これ、欲しいな~」とチラッと思った、
ある特殊な香りのお香を友達にプレゼントしてもらったり、
(そのお香が欲しいなんて、誰にも、ひとことも言っていないのに!)
「ドライフルーツのストックが切れてきたな。買いに行かなきゃな~」
とぼんやり思っていたところに、
かなり豪華なドライフルーツの詰め合わせをいただいたり、
(私の平日ランチはだいたい少量のドライフルーツとナッツです。
これも、誰にも「ストックが切れてきちゃって~」なんて言っていないのに、
どういうわけか、たっぷりいただいてしまった……)
まあ、これは昨日実際あったことなんですけれど、
こういうことが、日常において「あたりまえ」のように起こってくるから面白いです。

こういうのってものすごくありがたいし、ハッピーなことなんですけれど、
でも、ある意味「副産物」みたいなものなんですよね。

酒粕みたいなものですね。

あくまで、メインは日本酒。つまりしあわせ感。
日本酒造り(しあわせを感じること)に夢中になっていたら、
気がついたときには酒粕(願いが叶うこと)もたっぷりできていました~。
じゃあこれで甘酒でも作って飲みますか!
こっちも超おいしくて、よりハッピーだね。やったね!

……みたいな感じ。

で、たぶん「引き寄せの法則」っていうのは、
この酒粕部分にスポットをあてたものだと思うのですが、
それは、あくまでサブなんですよね。副産物。
メインは、いまここにおいて、しあわせを感じていること。

願いが叶うことはたしかにものすごくうれしいことなんですけれど、
(お香はとってもいい匂いだし、ドライフルーツはめちゃめちゃおいしいけれど!)
でも、それらが叶うときには、すでに自分はしあわせを生きているので、
ぶっちゃけ、叶っても叶わなくても、まあ、どちらでもいいよ、ぐらいの気持ちでいます。

大事なのは、
「いま、しあわせを感じながら生きること」であって、
「願いを叶えてしあわせになること」では、決してないんですね。

ここは、取り違えちゃいけないよな~、と。

願いなんて、叶っても叶わなくても、
しあわせに生きていくことは可能なんですから。

で、もう、私、ここ最近、しつこいぐらいにくり返していますが、
しあわせを生きることは、実は、拍子抜けするぐらい簡単なんです。
簡単だと思えば簡単なんです。
そういうものなんです。
きっぱり言い切っちゃいましたけど。

しあわせ感に満たされたいなら、
いまここで、すでに満たされている自分を発見すること。

ほんとうに、ただ、それだけの話です。

人生、しあわせを感じたもん勝ち。
ばしっと覚悟を決めたら、その瞬間から変わりますよ。

よい一日をお過ごしください◎

≪今後のTempleのスケジュール≫

【7/9(日)】Temple@法然院
(ゲスト:梶田真章さん)

【7/23(日)】Temple School 特別イベント第2弾(ゲスト:横田南嶺さん、藤田一照さん) ※満員御礼