先にホッとしよう

2017年7月9日

おはようございます。小出遥子です。

昨日、めずらしく仕事の〆切が立て込んでしまって、
しかも、ぜんぶ、やってもやっても終わらなくて、
ちょっとパニックになりそうでした。

でも、こんなときに不機嫌になってもなににもならないどころか
かえって仕事の能率を下げるだけだということは、
いままでの幾多の苦々しい経験から分かり切っていたので、
できるだけ気分を鎮めて、淡々と目の前のことに取り組むようにしていました。

そうしたら、夜中には、まあ、なんとかなりました。
なんとかなっていないものもあるのですが、
それは、まあ、なんとかなっていないなりに、なんとかなりました。
(訳:〆切延ばしてもらいました。すみません……。)

止まない雨はないし、明けない夜はないし、
終わらない仕事はない……???

いや、一件終わってないんですけどね……。
すみません、がんばります……。

いや、でも、ほんと、「いま目の前にあることを淡々とやる」って、
ものすごく大事なことだなあ、と痛感しましたよ。

起きてしまったことへの後悔や、
まだ起きていないことへの不安にとりつかれると、
いまやるべきことに気がいかなくなるんですよね。
そうなると、なんとかできるものも、なんともできなくなってしまうので……。

そうそう。なにか問題が起きて、
「どうしよう、どうしよう」と気が焦ってしまうときに
オススメの裏ワザがあります。

それは、「先にホッとすること」。

私たちって、なにか問題に直面したら、
まずはそれを解決しよう、と思ってしまいますよね。

それはまあ当然のことなんですけれど、
でも、とっ散らかった頭で考えた解決方法って、
たいていの場合、解決方法としての機能を果たさないんですよね……。
それどころか、余計に事態をこんがらがらせてしまうようなこともしばしば……。

それなら、もう、問題が解決した際に自分が味わうであろう
「ホッとした感じ」を、先に味わってしまえばいいんですよ。

やり方は簡単。
単純に、「もう、すべては解決した」と思い込むんです。
声に出して叫んでもいいですね。
「解決した~! よかった~!」って。

バカバカしいと思うなかれ。
人間の意識ってすごいんですよ。
「そう思い込む」だけで、実際にそれが起こったときと
まったく同じ反応が心身にあらわれますから。
これを逆手に取って、うまく利用してしまうんです。

「解決した~! よかった~!」ってこころの底から思い込むと、
気持ちがじんわりあたたかくなって、緊張がほどけてきます。

そうするとなにが起こるのか?
「いま」に、ストンと落ち着けるんです。

そうすると、実際にその問題を解決するための
いちばんの道筋が見えてくるんですね。

それが見えたら、あとはやるだけ。

余計な緊張から解放された心身で、やるべきことを淡々とやっていれば、
気がついたときには、すべてがうまい具合に収まっているものなんですよね。

この問題が解決したらホッと安心できるのだろう、ではなくて、
ホッとしたところから問題解決がはじまっていく、と考えて、
安心感を先取りして味わってしまう。
そうすると、ほんとうに問題が解決してしまう。

このカラクリ、いろんなところで応用できると思います。
使わない手はない! です。

なにかのヒントになればさいわいです。

よい一日をお過ごしください◎

※「Temple@法然院」いよいよ本日開催です!
受付開始は13時から。飛び入り参加も大歓迎!
ご友人等お誘い合わせの上、ふるってご参加くださいませ。
法然院にてお待ちしていますね。

≪今後のTempleのスケジュール≫

【7/9(日)】Temple@法然院
(ゲスト:梶田真章さん)

【7/23(日)】Temple School 特別イベント第2弾(ゲスト:横田南嶺さん、藤田一照さん) ※満員御礼