塩日本酒風呂のススメ

2014年6月4日

長時間インターネットの世界に遊んでいると、なんだか体の前面にピリピリとした泡のようなものが付着するような気がしてくる。肩の位置が上がってくる。自分が上半身だけの生き物になったような……もっと言えば胸から下をどこかに置き去りにしてきてしまったような……そんな感覚に襲われる。

 

ネットは便利だし、ものすごく楽しい。刺激は強いし、そこに夢中になることはカンタンだ。だけど、気をつけて自分でルールを決めて付き合わないと、一気に波に飲まれてしまう気がする。この世界は情報に溢れすぎている。良くも悪くも。

 

これは情報に限らないが、「入れ」すぎると、人は、本来自分が持っていたものを見失ってしまう。見失うから自分を信用することができなくなってしまう。自分を信用できないから外側のなにかをさらに求めてしまう。入れすぎるからまた自分を見失う。心身には「良からぬもの」が溜まる一方。完全なる悪循環ですね……。

 

定期的に「出す」ことをしないと、どうにかなっちゃうよ、現代人!

 

たまには携帯電話を自宅に置いて、PCもないような緑豊かな山奥の温泉にでも浸かりにいって、ありとあらゆる電子情報から離れて、自分ってもんを静かに見つめ直したいものだ……なんてことを思っても、まあなかなか実行に移せず……。でもそろそろそういうことでもしないとぱんぱんに膨れ上がって爆発しちゃうよ~! ってときに、意識してPCから離れること以外に私がやるのが、大量の塩と日本酒を入れたお風呂に長時間浸かること。お湯はみぞおちより下ぐらいの少な目の分量で。半身浴ってやつですね。これ、ものすごくオススメです。じゃんじゃん出ていく感じがします、「良からぬもの」が。塩は天然塩を使ってください。私は一気に3掴みぐらい入れています。日本酒はスーパーで売られている安いパック酒で十分です。ただし「純米酒」を選ぶのがいいと思います。500ミリリットルぐらいじゃぶじゃぶ入れます。でもお酒に弱い人はご自身の裁量で加減してくださいね。私は、まあ、弱くはない方なので……。

 

塩も日本酒も古来からある浄化ツール(この言い方もアヤシイですね~)だし、お風呂はただ浸かるだけでも疲れを取ってくれる場だし、トリプルの効果で、ものすごーーーく「出て」いきます。一時間も入れば完全に生まれ変わったような気分になれます。付着していたピリピリ泡も取れて、めちゃめちゃスッキリします。情報に埋もれていた本来の自分がコンニチハします。自分の輪郭がはっきりして、息がしやすくなります。

 

ちなみに、心身に色んなものを溜め込んだ状態でこのお風呂に入ると、お湯がてきめんに濁ります……。以前、失恋直後でやさぐれの極みにいた我が妹をこのお風呂に漬けてみたところ(←この言い方!)透明でサラサラしていたはずのお湯が、ものの30分で、ドロドロヌメヌメのブルーグレーの液体へと変化をとげました……。ひぃぃ。塩日本酒風呂、恐ろしい子ッ! というか恐ろしいのは妹が溜め込んだ毒の方か!? と驚き呆れつつも、しかし、うーむ、心身一如って本当のことなんだなあ! と激しく感心してしまった出来事でもありました……。でもあれ、本当にいま思い出してもぞっとする光景だったな……。

 

「外側」のものを入れすぎてぐったりしているときに、食や酒や新しい洋服やSNSなどの「外側」のものに助けを求めても、結局余計に疲れるだけだったり……。本当は、出して出して出しまくって、「内側」に目を向けて、そこに本来の自分を見出して認めて抱きしめてあげるのが、疲れからフリーになる一番の方法なんじゃないかな、と思っている。というか自身の経験から実感している。自分を癒せるのは究極的には自分しかいないのだ。

 

塩日本酒風呂、よろしければ、一度、是非。温泉に行くよりお金もかからないし。気持ちいいですよ~。以上、普通のお役立ち情報でした……。