流れ去っていくものの背後には

2017年8月24日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

奈良の山奥の温泉街に来ています。
まあ、半分湯治です(笑)。期せずして湯治旅になってしまった……。
気持ちいいお湯に浸かって、
心と身体の「よからぬもの」を一層クリアランスです!

(お返事が滞っているみなさま、ごめんなさい!
旅から戻り次第、お返事します!)

今回訪れているのは川沿いの温泉街なんですけれど、
やっぱり、水が流れていくのを見たり、
その音を聞いたりするのはいいですね。
こころが休まります。

流れている、って、すごいことです。

一秒前に聞いていた音は、もう、どこにも存在しいないし、
いま聞いている音は、一秒後には、もう、どこにも存在しない。

いつだって、いま、いま、いま……。
ずっと、ずっと、いま、しかなくて。

流れ去っていくものの背後には、
決して流れ去ることのない「いま」がある。

そこにふわっと身をあずけて、
「いま」に自分をとかしてしまえば……

ここには、ほんとうの意味での「愛」しかなかったことに気づく。

ありがたいな、と思います。
ほんとうに、ただただありがたいな、って。

この、言葉以前の「ありがたさ」を、なんとかして表現したくて、
人は、数々の宗教的言語を生み出してきたのかもしれない。

さて、今日一回目のお風呂に浸かってきます(笑)。

よい一日をお過ごしください◎

次回「遥子の部屋」は9月6日(水)21時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!) 

ツイッターも、フェイスブックページも、
「はるこ」名義に統一しました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ツイッター:https://twitter.com/haruko_koide
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/koide.haruko/