宇宙でいちばん大切な人

2017年9月14日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

昨日の夕暮れ時、近所の割と大きな交差点で信号待ちをしていたら、
ふいに、

「私は、宇宙でいちばん大切な人」

という言葉がやってきました。

それは、私の内側から湧き上がってきたというより、
ほとんど、空から降ってきたような感じで……。

「え?」

と思う間もなく、次の瞬間には、その言葉の意味するところが、
完全に、おなかの底の深い部分に落ちていました。

私は、宇宙でいちばん大切な人。
私がいなければ、あの車も、あの信号も、この道路も、
向こう側のスーパーも、あの大きなビルも、無数の人々も、
オレンジ色に染まったこの大空も、空を飛ぶカラスも、
光も、音も、風も、香りも……
みんな、みんな、みんな、「存在できない」んだ。

だから、やっぱり、
私は、宇宙でいちばん大切な人、なんだ。

理屈を超えて、そう実感していました。

そこに傲慢さは微塵もなく、
ただただ、ああ、ほんとうに、そうなんだなあ、と……。

そんな風に、ただ、感じていました。

なにも成し遂げなくていい。
ただ、いのちとともにあればいい。

安心して、ただ、生きていけばいい。

ありがとう。
誰に、ともなく。

よい一日をお過ごしください◎

次回「遥子の部屋」は10月6日(金)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)