受けとめてくれるからこそ

2017年9月21日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

私は、好きな人には、割とためらいなく、好きだと伝えてしまいます。
好きだな、大切だな、と思った瞬間に、「好きです」「大切です」と。

伝えるときは、伝えるだけでいいんです。
相手の反応とか関係ない。
「その後」のことなんか考えもしない。

ただ、愛の言葉を受け取ってもらえればそれでいい。
それで満足。そこで完結。

だからこそ、こころの底から「ありがとう」をも伝えられる。

ほんとうに、ありがたいことだな、と思います。

「あなたが好きです」「大切です」と伝えられる相手と出会えたこと。
そして、相手が自分の言葉を受け取ってくれること。

これ以上のことなんてないと思うんです。

先日も「生きていて、ごめんなさい」という記事の中で書きましたが、
究極的な「ごめんなさい」の言葉は、
相手が絶対的にそれを受けとめてくれる存在だからこそ、
どこか安心して放たれるものなんですよね。

愛の言葉もこれと同じだなあ、って。

受けとめてくれる相手がいてくれるからこそ、
こころを込めて「愛しています」と伝えられる。

その事実に、ただただ、「ありがとう」。

ほんとうに、ただ、それだけでいいんだなあ、と。
しみじみとしたよろこびに包まれている朝です。

東京は快晴。
みなさんのところはいかがですか?

よい一日をお過ごしください◎

※キャンセルが出ましたので、若干名、ご参加を受け付けます!
どうかお早目にお申し込みください。

【10/4(水)】Temple@神谷町光明寺(ゲスト:松本紹圭さん)

次回「遥子の部屋」は10月6日(金)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)