私、女に戻ります

2017年9月24日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

昨日は『仏教的人生学科一照研究室』第三期、後期スタートの日でした。
今期からあたらしく参加された方々も多く、
フレッシュな雰囲気の中、華々しくスタート!
……したのはとってめでたいことのですが、
そんな中で、私、ひとり、青白い顔でフラフラしていました……。

実は、昨日の私、生理で体調最悪だったんです。
おなか痛いし、貧血で頭はぼうっとするし、
人と目を合わせるのも、口をきくのもやっと……という状態でした。

なので、お話ししたい方々はたくさんいらっしゃったのですが、
昨日は懇親会にも出席せず(残念……。ぜひ、また今度!)
塾の本編が終わったら早々と自宅に戻って寝ていました。
一晩ぐっすり眠って起きたらかなり落ち着いていましたが、
今日は一日なにもせずに(ってブログ更新してるじゃん、って話ですが)
ぼ~んやり過ごそう、と思います。
掃除も洗濯も料理もしないぞ!
毎日頑張っている英語の勉強も、今日は思い切ってサボります!

最近、よく思うのが、
「女の人には、女の人の働き方がある」
ということです。

差別的な意味じゃなくて、
単純に、身体の構造が違うのだから、
女の人は、男の人と同じようには働けないんです。

平日働いて、土日に休んで……という制度は、
あれは男の人のものですね、はっきり言って。

女の人の身体は、カレンダー(太陽暦)に合わせては作られていない。
女の人は、カレンダーという外側のものに合わせて動くんじゃなくて、
自分の内側のリズムに合わせて働いた方がいい。
つまり、生理周期に合わせた方がいい、ということです。

具体的に言えば、
クリアカットに平日オン、土日オフにするのではなくて、
体調が悪いときはとにかく休んで(生理中は強制シャットダウン)、
対外的な仕事はバイオリズムが好調なときにこなしていく、という感じ。

それが、理に適っていると思うんですね。

まあ、そうは言っても、この世の中、まだまだカレンダー最優先で
スケジュールが組まれてしまうのが「当然」とされているので、
いきなり自分のリズムで動いていくのも、難しいところはあるかもしれませんが。
でも、明らかに体調が悪いときに、無理をしないことぐらいはできますよね。

私も、ほんの少し前までは、
「生理中でも普段と変わらずに仕事ができる女の人はかっこいい!」
という価値観を持って動いていました。
だから、自分も必死でそうなろうとしたし、
そうできない自分を責めたりもしました。

でも、これって、やっぱり不自然なんです。

痛いもんは痛いし、ぼうっとするものはぼうっとするし、
余裕がないときは余裕がない。笑えないときは笑えない。

それでいいじゃん。

そういう風になっているものを、そうじゃないように扱って、
「理想通り」になれない自分を責めたてて……

そんなマッチョ(笑)な生き方はもうやめます。

外側のなにかの声じゃなくて、自分の心身の声に従って、
瞬間瞬間の行動を決めていく。

そんな当たり前のことを、なぜいままでできなかったんだろうな、と。

自分を大切にできない人が、周りの人や環境にやさしくできるかな?
「♪それはちょっとできない相談ね」(BY中森明菜)ってお話ですよね。

ということで、今日はもう、
すべてを強制停止して、布団とイチャイチャして過ごします!
PCもスマホも見ません。
各種連絡が滞ると思いますが、すみません。先に謝っておきます。

私、女に戻ります。
女の身体を持つ自分を大切にします。

そうやって生きていけば、またいろいろ変わっていくんだろうな。
変わっていく、というか、元に戻る、という感じかな。
元に戻って、ようやく、本来的な能力がいかんなく発揮されていく気もしています。
ちょっとたのしみですね。

日々是実験。
これからの「女・小出遥子」に注目です!(笑)

ということで、寝ます!!!
みなさまも、おからだ、お大事に。

よい一日をお過ごしください◎

次回「遥子の部屋」は10月6日(金)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)