恥の多い生涯を送って来ました。

2017年9月29日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

カッコ悪い自分を隠そうと必死で努力していたことすらすでにバレていて、ああ、もう、私って、史上最高にカッコ悪い! と打ちひしがれると同時に、そんな私を何も言わずに受けいれ続けてくれていた周囲のカッコいい人たちへの感謝が溢れて止まらなくなって、史上最高にブサイクな顔で泣き笑いしている。

恥ずかしながら、私、最近になって、ようやく、
自分自身の「カッコ悪さ」を自覚しました。
33年生きてきて、ようやく、です。

私は、ほんとうにカッコ悪い人間です。

なのに、いや、だからこそ? むやみにカッコつけたがります。
それがまたカッコ悪いのね(笑)。

でも、なんか、最近、もう、いいかな、って。
カッコつけるのも、疲れたな、って。

そうして、恐る恐る、身につけていた鎧を外しはじめたら……

カッコ悪い自分も、
そのカッコ悪さを隠そうとカッコつけ続けていたカッコ悪すぎる自分も、
すでに、絶対的に「受けいれられていた」「ゆるされていた」ことに気づいて……。

ああ、もう、世界って、ほんとうにやさしいなあ、と……。

涙が、止まらないんです。

「ゆるされている」のなら、もう、「ゆるす」しかないじゃない。
どんなにカッコ悪い自分でも、そのままゆるして、生きていくしかないじゃない。

ゆるせなくて、ゆるせなくて、ゆるせなくて、
その存在を無視し続けていた「この私」と、
いま、ようやく、和解しはじめているような気がしています。

世界には、究極的には「わたし」しかいなくて。
そのことを認め切ってしまうと同時に、
「わたし」すらいなかったことに気づいて。
でも、だからこそ、すべてが「わたし」であることにも気づいて……。

カッコ良くても、カッコ悪くても、ただ、そのまま生きていこう。
生きていくしかないのだから、と。

静かに、そんなことを思っています。

よい一日をお過ごしください◎

 

次回「遥子の部屋」は10月6日(金)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)