あげられるものすべてをあげる

2017年10月25日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

たとえば、
自分以外の誰かに対する愛が自分の中にあることに気づいて、
なんの力みも気負いも損得勘定もなく、
ただ、この人に、あげられるものすべてをあげよう。
そんな風に思えること。

それ自体が、すでに、最大のギフトであるように思うのです。

相手がそれを受け取ってくれても受け取ってくれなくても
どちらでもいいんです。

自分以外の誰かを大切に思う気持ち、
こんこんと湧き出る泉のように、ただ「与えたい」と願う気持ち、

そんな気持ちを、自分は、すでに「与えられている」。

それに気づいたとき、
ああ、自分のいのちは、圧倒的に祝福されているな、と……

そんなことを思うのです。

誰かを愛するとき、すでに愛の中に生かされていた自分に気づく。

こんなに大きなギフトって、ないよ。

ありがとう、神さま。

ありがとう、以上のことばは、見つからないな。

今日もお読みくださってありがとうございます。
よい一日をお過ごしください◎

 

次回「遥子の部屋」は11月4日(土)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!) 

対面での人生相談受けつけます。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
じっくりお話を聞かせていただきます。
ご興味のある方はご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)