Temple School第3弾、無事終了しました!

2017年10月29日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

昨日は北鎌倉・円覚寺さんでのTemple Schoolでした。
講師の横田南嶺老師、小関勲先生、
ご参加くださったみなさま、ご協力くださったみなさま、
ほんとうにありがとうございました!

なんというか、とにかく「しあわせ」な時間でした。
講師のお二人のお話、ヒモトレWS、最後の座談会……と時間が進むにつれて、
参加された方々の表情がどんどん明るく、やわらかくなっていって。
最後にはみなさん、ほんと、無邪気な子どもみたいなお顔に戻っていて!(笑)

みなさんの様子を見ているうちに、私の中でも、
なにかがほどけて、ゆるんでいくのが感じられました。

Temple開いてよかったな。
この役割を与えられたことに感謝だな。

そんな風に、こころの底から思いました。

ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。

なんか、Templeを開くたびに、毎回思うことなんですけれど、
私、ほんとうになにもしていないんですよね。

いや、一応「主催者」として、いろんな連絡や手配はするし、
当日の進行も私の責任においてやっていくんですけれど、
それだって流れの中で向こうからやってきたものを、
ただ淡々とこなしていくだけで、私がやっている感がなくて……。

ほんとうに、すべては、すでに「ある」のだと思う。
私は、その「ある」を、
たまたま「主催者」という立場で味わわせてもらっているだけ。

それこそ、「ただ生きる」の世界ですよ。
ただ生きて、「ある」を味わっているだけです。

あ、この「ただ生きる」という“ポエム”はね、
数日前に小出遥子さんという人が
ブログ上で発表していたものなんですけれどね……。

なんと、昨日のクロージングトークの際に、
横田南嶺老師に読み上げていただく(!)という、
幸運すぎるほどの幸運に恵まれまして……。
(赤面&冷や汗!!!)

横田老師のあの迫力のある、唯一無二の美声でお読みいただくと、
このポエムも100万倍ぐらい素敵なものに思えたので、
図々しくも、再掲しますね。

横田老師、ほんとうにありがとうございました!
光栄の極み、でした。

「ただ生きる」

生まれてこのかた、一度たりとも、
ひとつたりとも「お願い」をしたことはないのに、

見る力を与えられ、
聞く力を与えられ、
嗅ぐ力を与えられ、
味わう力を与えられ、
感じる力を与えられている。

血液はいまこの瞬間も流れ、
酸素はいまこの瞬間も運ばれ、
消化液はいまこの瞬間も分泌され続けている。

「こうありたいから、こうあってください」
そんなこと、ひとことも言っていないのに、

すでに、すべては整えられている。

生きる意味なんて探さなくてよくて、
「与えられたいのちを、ただ、生きる」

ただ見て、ただ聞いて、ただ嗅いで、
ただ味わって、ただ感じて……。

ほんとうに、それだけでいいのかもしれない。
それ以上のことなんか、ないのかもしれない。

Templeという場を開くたびに、
Templeになにか大切なことを教えられる私です。

ただ「ある」を味わう場としてのTemple、
ご縁がある限り、続けていきたいな、と思っています。

ほんとうにありがとうございます。

今日もお読みくださってありがとうございます。
よい一日をお過ごしください◎

 

次回「遥子の部屋」は11月4日(土)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!) 

対面での人生相談受けつけます。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
じっくりお話を聞かせていただきます。
ご興味のある方はご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)