「自分」以外に属さない

2017年10月31日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

「ホウドウキョク」というWEBサイトに私のインタビューが載っています。
記者の方(その名も「寺」さん!)がとても読みやすくまとめてくださいました◎
今日から公開だそうです。ぜひ、ご一読を~。

今回の記事にも出てきますが、
現在のような活動を進めていくにあたって、
私は、自分自身を「仏教ファン」と名乗ることに決めました。

まあ、最近になって、多かれ少なかれ、
その弊害のようなものも見えてきたので、
自分からは極力言わないようにはしているのですが、
それでも、

「仏教徒、ではないんですよ~」

というニュアンスを出すのに、
「ファン」というのは非常に便利なことばだな、と感じています。

よく間違われるんですけれど、私、決して「仏教徒」ではないんです。

もちろん、仏教には生きる上でのいろんなヒントをもらっているし、
もはや仏教と出会う前の自分には戻れない、
というのは強く感じているのですが、
それでも、仏教に「属している」わけではない。

私は、どこにも属していません。

まあ、強いて言うのなら、「自分」に属しているかな……。

その「自分」というのは、社会的な肩書きや役割、地位、名誉……
つまりはすべての個人的な見栄を取っ払ったところにある、
丸裸のいのちとしての「自分」のことです。

すべてを失っても、決して失うことのできない「自分」。

生まれてから死ぬまで、
いや、生まれる前から、そして死んだあとも、
私が属するのは「自分」だけ。

「自分」にちゃんと属することができていれば、
(そのことにちゃんと自覚的に生きていれば)
ほかに所属を求めなくてもよくなる。

仏教は、その可能性を指し示す、ひとつの指に過ぎないんじゃないかな。

指に所属しようだなんて、ねえ。
そんなナンセンスなお話に付き合ってられるほど、私はヒマじゃありません。

って、なんか、やけに挑発的な文章になってしまいましたが(笑)
本心を、書いてみました。
たまにはいいよね!

今日から3泊4日で台湾に行きます。
向こうでもブログは書こうと思いますが、
もしいろんな事情で更新できなくなっても、
小出は台湾で遊びほうけているだけなので(笑)どうかご心配なさらず!

では、行ってまいります。

今日もお読みくださってありがとうございます。
よい一日をお過ごしください◎

 

次回「遥子の部屋」は11月4日(土)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!) 

対面での人生相談受けつけます。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
じっくりお話を聞かせていただきます。
ご興味のある方はご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)