「いま」の中に、5億年という流れが……

2015年8月28日

昨晩、少し考えるところがあって、夫とふたり、

 

地球に生命が誕生してから、いま、この瞬間まで、という、

 

途方もない時間の流れについて、思いを馳せていました。

 

(どんな夫婦だ……!)

 

そのとき、ふいに、また、

 

世界が「ぐるん!」とひっくり返るような感覚を味わいました。

 

 

 

5億年の流れの中に「いま」があるのではない。

 

「いま」の中に、5億年という流れがあるのだ。

 

 

 

ことばにすればこんな感じですが……

 

 

 

なんかね、この「真実」が、

 

昨晩はとくに、

 

なんとも言えず、こう、胸に迫ってきて、

 

ほんの少し、泣いてしまったのでした。

 

 

 

私たちは、途方もなく果てしもなく広大な「いま」を生きている。

 

これを「奇跡」と呼ばずしてなんと呼ぶ?

 

 

 

時の流れの中に「いま」があるのではない。

 

「いま」の中に、すべての時の流れがあるのだ。

 

 

 

ふふふ、なんだか賢者のことばみたいですね。笑

 

でも、これ、本当に、「ほんとう」のこと、です。

 

 

 

「ほんとう」のことは、いつだって、シンプルすぎるほどにシンプルですね。

 

 

 

 

 

 

 

ただただ、「いま」を生きていこう。

 

縁あるすべてと生きていこう。

 

もう、それだけだなあ。

 

 

 

よき日を。