罪悪感なんか持たなくていいです

2017年12月13日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

 

どんな自分も否定しないというのは、自分を否定してしまう自分すら否定しないで、認めて、受けいれるということ。「よりよき人生」への行動は、根っこの部分の大肯定からはじまる。そこをすっ飛ばすわけにはいかないんです。

自分を愛することに罪悪感なんか持たなくていい。むしろ、これこそが最大の平和活動であり、最大の社会貢献なのだと、胸を張って愛して欲しい。それは間違いのない事実なのだから。

昨日のブログの補足です。

「自分を愛する」ことへの抵抗感、もっと言えば罪悪感って、
どうしてもあると思うんです。

「他人よりも自分を優先するって、なんかエゴっぽくない?」とか、
「単なるワガママな人になりそう……」とかね。

でも、私は声を大にして言いたいです。

自分を愛してなにが悪い!?
自分を愛さないままに他人を愛そうとすることのほうがよっぽど罪だ!!!

って(笑)。

満たされない心から出た行動は、
その場ではなんとなく「いい感じ」に収まったとしても、
早晩、他人と自分を傷つけることになります。
そういう風になっているんです。

欠如から出た愛なんて愛じゃない。
このことは、何度言っても言いすぎることはないと思う。

ほんとうに、まずは自分から、なんですよね。

もし、世界中のすべての人が、自分で自分を愛すれば、世界は愛で満たされる。
でも、世界中の人が自分をないがしろにして誰かを助けようとしていたら、
その世界には不足感、欠如感だけが蔓延することになる。

簡単なお話です。

世界の平和を祈るなら、まずは自分の平和を実現すること。
社会に貢献したいなら、まずは自分自身に貢献すること。

自分を愛するって、なにも難しいことじゃないです。

縁によって自分の中に湧き上がってきた、
ありとあらゆる欲求、思考、感情、感覚を、
ただ「ある」と認めてあげるだけ。

それが、自分を愛するということの意味です。

ひとつひとつ、認めて、受けいれていく。
すると、自分が愛で満たされる。

そうなってようやく誰かをほんとうに愛することができるようになる。
世界が、愛で満たされる。

そういうカラクリになっているのだと思う。

まずは、自分から。
なにをおいても自分から。

これは、決してエゴじゃないです。

ことあるごとに、繰り返し言い続けようと思います。
自分に言い聞かせるためにも、ね。

ご自愛ください。

 

お読みくださってありがとうございます。
よい一日をお過ごしください◎

 

1月24日(水)の夜に、神谷町光明寺にて、参加者を女性に限定した対話の集いを開催します!
今回のテーマは「家族と性」。ゲストは保育士起業家の小竹めぐみさん。
ゲストも参加者も一体となって、本来的な「いのち」のあり方を探っていきます。
女性のみなさま(心が女性の方もOKです!)どうぞお気軽にお運びください◎

http://temple-web.net/event/95/

次回「遥子の部屋」は、1月2日(火)20時からです。
お酒飲みながら(笑)ゆる〜く放送します!

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!) 

対面での人生相談受けつけます。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
じっくりお話を聞かせていただきます。
ご興味のある方はご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)