得意なことだけ

2017年12月15日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

 

「得意なことだけやりたいです」「苦手なことはやりたくありません」「だから誰か助けてください」と声をあげたら、実際に、そういう風に状況が整えられはじめた。うれしくて、ありがたくて、涙が出てくる。人はやさしい。世界はやさしい。

得意なことをやっていくことは、そのまま世界に与えられた役目を果たしていくことなのだと思う。

苦手なことは、それを得意としている人に代わりにやってもらえばいい。そのぶん、得意なことを純粋にやっていけばいい。それが自分のよろこびとなり、世界のよろこびとなる。

……ということで、ここにきて急激に、
仕事の、ひいては「生き方」そのものの体制が整いつつある昨今です。

体制を整えるにあたって大事にしていることは、
ただひとつ、「適材適所」。

それぞれが……というよりはまずなによりも自分が、
最大限に自分の特性を活かして、軽やかに生きていけること。

自分の特性を活かすって、平たく言えば、
「得意なことだけやっていく」ということです。

結局、それが、いちばん、自他を利するな、と気づいたんです。

「得意なことだけやっていく」ためには、
「それ以外のこと(苦手なこと)は誰かにやってもらう」ことが必要です。

すると、そこには、ごく自然でリスペクトに満ちた協力関係が生まれる。

どんな人にも「誰に教えてもらったわけでもないのに、なんでだか上手にできること」がひとつはある。それを大切に生きていけばいいんだよね。才能って、そのまま天からのギフトだから。つまり授かりものであり、預かりもの。そこに謙虚になることさえできれば、自然に人と助け合っていくこともできる。

才能は、ギフト。
そもそも「自分のもの」ではない。

自分のものではない才能が、自分に与えられたということは、
それを最大限に使って生きていきなさい、と言われているということ。

そうすることが、そのまま自他のよろこびにつながるのだと、
天からまっすぐに示されているのでしょう。

心臓の細胞は心臓の細胞。腸の細胞は腸の細胞。眼球の細胞は眼球の細胞。爪の細胞は爪の細胞。それぞれがそれぞれの役割を果たして、はじめてひとつのからだが生きてくる。それと同じことだと思う。配置された場所で、精一杯自分を生きることが、そのまま世界としての自分を生きることになる。

得意なことだけやって、苦手なことは誰かにやってもらう。
ものすごくシンプル。

そこに遠慮はいらないです。

心臓は心臓として、
目は目として、
ただただ自分を生きていけばいい。

心臓が目を、目が心臓をやろうとすることは、
むしろ混乱を引き起こします。

「私は私に与えられた役割を果たします」
「あなたはあなたに与えられた役割を果たしてください」

それでいい。
それが、そのまま、自他のしあわせになる。

世界は、そういう風にできている。

余計な心配をせずに、得意なことだけやっていこう。
できないことは、誰かに助けてもらおう。
ただただ謙虚に生きていこう。

そんなことを思う年の瀬です。

 

お読みくださってありがとうございます。
よい一日をお過ごしください◎

 

1月24日(水)の夜に、神谷町光明寺にて、参加者を女性に限定した対話の集いを開催します!
今回のテーマは「家族と性」。ゲストは保育士起業家の小竹めぐみさん。
ゲストも参加者も一体となって、本来的な「いのち」のあり方を探っていきます。
女性のみなさま(心が女性の方もOKです!)どうぞお気軽にお運びください◎

http://temple-web.net/event/95/

次回「遥子の部屋」は、1月2日(火)20時からです。
お酒飲みながら(笑)ゆる〜く放送します!

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!) 

対面での人生相談受けつけます。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
じっくりお話を聞かせていただきます。
ご興味のある方はご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください!)