「あなたにすべておまかせします!」

2017年12月30日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

 

手放せば手放すほど手に入る不思議。でも、手に入れるために手放してもどうにもならないんだよね。手放して、手放して、手放し続けているうちに、あくまで結果として「手に入る」が起こるだけ。そして、手に入ったものも握り込まずに流していくこと。そこにおだやかですこやかな生き方が実現していく。

というか、そもそも「自分のもの」なんかなくて。なにかを握り込む「自分」すらほんとうは不在で。そこに気づけば、「手放す」も「手に入れる」もなくなって、すべてが「わたし」そのものになる。こんなに豊かなことってないよなあ。

昨日食べたご飯の味は、もう、この舌に残っていないし、
数時間前に聞いた夜明けのカラスの声は、もう、この耳に残っていないし、
数秒前に見た空の青さは、もう、この目に残っていない。

どんなに細かくその味や音や色を思い出すことはできても、
それは、すでにそれそのものではなくなっている。

ほんとうに、なにも、「つかめない」のですね。

この世界には「流れ」だけがあって、
その流れを見つめているつもりでいる私たちすら、
ほんとうは流れの一部でしかなくて……。

流れそのものとして、流れていく。
それさえできれば、人生、万々歳だ!

最近ね、朝起きて窓を開けたら、
大空に向かって両手を大きく開いて、

「あなたにすべておまかせします!」

と叫んでいるんです。心の中でね(笑)。

「あなた」って、誰なんでしょうね?

神? 仏? 世界? 宇宙?
ほんとうの「わたし」?

……名前はなんでもいいです。

「あなたが作り出す流れを信頼します。
どうか、良きようにお運びください。すべてを」

これが、私の祈りです。

すごく、心地いいですよ。
淀んでいたものが、再び流れて行く感じがする。

そうやってここまで運ばれてきたし、
これからも運ばれていくのでしょう。

どこへ行くのかな。

南無阿弥陀仏

 

お読みくださってありがとうございます。
よい一日をお過ごしください◎

 

1月24日(水)の夜に、神谷町光明寺にて、
参加者を女性に限定した対話の集いを開催します!
今回のテーマは「家族と性」。ゲストは保育士起業家の小竹めぐみさん。
ゲストも参加者も一体となって、本来的な「いのち」のあり方を探っていきます。
女性のみなさま(心が女性の方もOKです!)どうぞお気軽にお運びください◎

http://temple-web.net/event/95/

2月4日(日)の13時から、北鎌倉の円覚寺さんにて、
Temple School第4弾を開催します!
ゲスト講師はタイ上座部仏教僧侶のプラユキ・ナラテボーさんと、
臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺老師。
講師同士の対話と、プラユキ先生による手動瞑想のワークショップとで
立体的に「いのち」のはたらきを学び、感じたあとは、
参加者同士の座談会の時間を取り、さらに立体的に理解を深めていただきます。
先着80名さま限定です! どうかお早めにお申込みくださいませ。

http://temple-web.net/event/98/

3月5日(月)の18時半から、大阪市天王寺区の應典院さんにて、
Temple School第5弾を開催します!
ゲスト講師は禅僧の藤田一照さんと、武術家の光岡英稔さん。
イベント後は講師二人の共著『退歩のススメ』(晶文社)のサイン会も予定しています。
こちらも先着80名さま限定。どうかお早めにお申込みくださいませ。

http://temple-web.net/event/101/

次回「遥子の部屋」は、1月2日(火)20時からです。
お正月ということで、お酒飲みながら(笑)ゆる〜く放送します!

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください) 

あなたのお話、小出遥子が対面でお聞きします。
お悩みのご相談もOK。
これまでの人生をしみじみと振り返っていただくのもOK。
どのようなお話でもまったく問題ございません。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
ゆっくり、じっくり聞かせていただきます。
もちろん、秘密は厳守いたします。
ご興味ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)