問いを抱えながら生きていく

2017年12月31日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

 

小出さん、はじめまして。
突然のメッセージ、失礼いたします。
毎日のブログと「遥子の部屋」、いつも心から楽しみにしております。

先日のブログの内容について質問させてください。
12/19の『海の中から波を見つめる』の記事です。
「波を見つめるときは、空から見つめるのではなく、海の中から見つめること。」
「問題を解消(解決じゃなくて解消)したいのなら、
思い切って海の中にもぐってしまうこと。」
というあたり、もう少し詳しくご説明いただけませんでしょうか。
「問題の中に飛び込んで、そこに自分を溶け込ませてしまえばいい」
というのと、(私のように)苦しみもがきながら問題に対処するのと、どう違うのでしょうか?
そして、様々な問題が自分に降りかかってきても、苦しみと思えなくなるには(もしくは苦しみに捉われなくなるには)、
やはり一瞥体験が必要なのではないか、と思ってしまうし、
どうしたら、小出さんがいつも言われていることを、頭で理解するのではなく腑に落とすことができるんだろう、
と神秘体験のようなものを求めて期待する自分がいます。

よろしければ、このような私にアドバイスもいただければありがたいです。
よろしくお願い申しあげます。

メッセージありがとうございます。
ご質問に回答しますね。

>「問題の中に飛び込んで、そこに自分を溶け込ませてしまえばいい」
というのと、(私のように)苦しみもがきながら問題に対処するのと、どう違うのでしょうか?

なにか問題が生じているとき、そこには必ず、
それを「問題」として見ている「自分」がいるわけですよね。

その「自分」を、じっくり見つめるんです。

「問題」を見つめる(問題に対処する)んじゃなくて、
「自分」の方を見つめるんです。

苦しんでいるこの「自分」って、いったいなんなんだろう? って。

「自分」って、いったいなんだと思いますか?

いま浮かんで来ている思考ですか?
いま湧き上がっている感情ですか?
いまからだにあるなんらかの感覚ですか?

それらを統御、統制しているのが「自分」ですか?

それって、ほんとうですか?

よくよく観察してみてください。

実際のところ、
思考も、感情も、感覚も、なにひとつとして、
自分の思い通りにはなっていないんじゃないですか?

もしそれらがほんとうに自分の統制下にあるのなら、
自分にとって都合のいい思考だけを浮かべるし、
自分にとって心地よい感情だけを浮かべるし、
自分にとって快い感覚だけを浮かべるでしょう。

でも、それができないから苦しいわけですよね?

つまり、思考や感情や感覚を操っているのは
自分ではないということです。

じゃあ、「自分」って、なに?

「自分」って、なんだろう?

……この答えは、ご自身で見つけてください。
自分で見つけるしかないんです。

答えは、もちろん、すぐには見つからないかもしれません。
でも、この問いを抱えながら生きていく人生って、悪くないです。

それに、その途中で、答えを見つけることだけが、
苦しみにとらわれなくなる道ではないと気づくかもしれませんしね。

なにが起きるかはわかりません。
でも、なにが起きても、本人に納得感があれば、それでいいんだと思います。

あとね、はっきり言って、一瞥体験、神秘体験に魔法の力はありません。
どんなに素晴らしい、めくるめくような体験をしたところで、
それをもって「苦しみ、終了!」とはなりませんから。
(ここに生き証人がいます!笑)

それよりも、いま、です。
いま、この瞬間にあらわれている「自分」を見つめるんです。

何度気持ちがそれても、何度もそこに戻っていくんです。
何度も何度も、根気強く。
その繰り返しです。

大丈夫ですよ。仲間はたくさんいます。
私も、仲間です。

回答にはなっていないと思いますが(すみません)、
できるだけ誠実にお話ししたら、こんな感じになりました。
参考になればうれしいです。

 

今年一年、ほんとうにお世話になりました。
記事をお読みくださったおひとりおひとりとのご縁に感謝です。
ありがとうございました。

よい一日をお過ごしください◎
よいお年をお迎えください◎

 

1月24日(水)の夜に、神谷町光明寺にて、
参加者を女性に限定した対話の集いを開催します!
今回のテーマは「家族と性」。ゲストは保育士起業家の小竹めぐみさん。
ゲストも参加者も一体となって、本来的な「いのち」のあり方を探っていきます。
女性のみなさま(心が女性の方もOKです!)どうぞお気軽にお運びください◎

http://temple-web.net/event/95/

2月4日(日)の13時から、北鎌倉の円覚寺さんにて、
Temple School第4弾を開催します!
ゲスト講師はタイ上座部仏教僧侶のプラユキ・ナラテボーさんと、
臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺老師。
講師同士の対話と、プラユキ先生による手動瞑想のワークショップとで
立体的に「いのち」のはたらきを学び、感じたあとは、
参加者同士の座談会の時間を取り、さらに立体的に理解を深めていただきます。
先着80名さま限定です! どうかお早めにお申込みくださいませ。

http://temple-web.net/event/98/

3月5日(月)の18時半から、大阪市天王寺区の應典院さんにて、
Temple School第5弾を開催します!
ゲスト講師は禅僧の藤田一照さんと、武術家の光岡英稔さん。
イベント後は講師二人の共著『退歩のススメ』(晶文社)のサイン会も予定しています。
こちらも先着80名さま限定。どうかお早めにお申込みくださいませ。

http://temple-web.net/event/101/

次回「遥子の部屋」は、1月2日(火)20時からです。
お正月ということで、お酒飲みながら(笑)ゆる〜く放送します!

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください) 

あなたのお話、小出遥子が対面でお聞きします。
お悩みのご相談もOK。
これまでの人生をしみじみと振り返っていただくのもOK。
どのようなお話でもまったく問題ございません。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
ゆっくり、じっくり聞かせていただきます。
もちろん、秘密は厳守いたします。
ご興味ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)