かならず、死ぬのだから。

2016年2月2日

いつかお会いしたい、と思い続けていた方が、

 

またひとり、この世をご卒業されました。

 

 

 

肉体がなくなるって、圧倒的なことだ。

 

だって、もう、生きて動いているその人の姿を見ることも、

 

その人の声を聞くことも、その人に触れることも、

 

すべて、

 

かなわなくなるのだから。

 

 

 

死は、旅立ちなんかじゃなくて、

 

大いなる“ほんとう”への帰還に過ぎない。

 

みんなみんな、「ひとつ」に還っていくだけ……。

 

 

 

それについては、もう、確信を超えて確信しているし、

 

そこが揺らぐことは決してないけれど、

 

それでも。

 

 

 

生きて、お会いしたかったな。

 

 

 

ただ、お会いしたかった。

 

その人の存在を、五感を使って、確かめたかった。

 

この思いを、お伝えしたかった。

 

 

 

ぽかん、とした気分です。

 

 

 

ああ、そうか……。

 

 

 

会いたい人には、会いに行かなきゃいけないんだ。

 

好きな人には、好きだと言わなきゃいけないんだ。

 

 

 

私たちは、かならず、死ぬのだから。

 

 

 

会いたい人には、会いに行こう。

 

好きな人には、好きだと言おう。

 

 

 

シンプルに生きて、そして死んでいこう。

 

 

 

それしかできないのだから。

 

 

 

……ということで、私は、今日の夜から、

 

会いたい人に会いに行く旅に出ます。

 

3日分のブログは予約投稿してあるので、ご安心を(笑)

 

 

 

いってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい人生を◎