「やりすぎ」のススメ

2016年2月13日

==================================================================

 

 

糸井:その経験メモリーの蓄積が30歳を超えると爆発的に増えるというのは、数字で言うとどのぐらいですか?

 

 

池谷:最初のチカラを1としますと、べき乗(たとえば2の何乗)で成長していきます。つまり、Aを憶えたあとにBを憶える時には、Aを憶えたことを思い出してやるので、まず方法を記憶しやすくなるんです。

 

そのうえにAとBふたつを知るだけでなく、Aから見たB、Bから見たAというように、脳の中で自然に4つの関係が理解できるんです。つまり、2の2乗ですね。

 

1の次は2。2の次は4。4の次は8。8の次は16……。

 

16のチカラの時には、1000なんて絶対に到達できないように見える。しかし、そこから6回くりかえせばできてしまうんです。2の10乗は、1024ですから。

 

 

糸井:すごい差だね。4回目で16なのに、10回目で1024。

 

 

池谷:そのままあきらめずにくりかえしていると、2の20乗まで行ったとしますよね。

 

10回目で1024だったチカラは、20回目には、いくつになっていると思いますか?

 

……1048576。100万を超えています。

 

 

糸井:うわぁ!

 

 

池谷:凡人と天才の差よりも、天才どうしの差の方がずっと大きいというのは、こうやって方法を学んでいく学びの進行が「べき乗」で起こり、やればやるほど飛躍的に経験メモリーのつながりが緊密になっていくからなのですよ。

 

 

糸井:いやぁ、それはかっこいい。

 

16の人は1024の人を天才だと思うだろうけど、1024の人が10回やっているところをもう10回増やしている人は100万回かぁ。

 

 

池谷:脳で起こる反応は、直線グラフでは表されないのです。

 

 

糸井:「ひとつのことを毎日、10年くりかえしさえすれば、才能があろうがなかろうがモノになる」という言葉があるけれど、やっぱりそれは正しい。

 

 

池谷:脳の組み合わせ能力の発展のすごさを考えると、10年やり続ければ、経験メモリーどうしの組み合わせは能力を飛躍的に増すでしょう。

 

 

糸井:目指す位置が遠く見えても「ほんとは遠くはないんだ」と思っていた方がいいぐらいですね。

 

 

池谷:ええ。案外近いんです。脳の組み合わせ能力というのは自分の予想以上に発展するので、今現在自分より上の人をことさらすごいと思う必要もありません。

 

 

糸井:バカだと思われるぐらいに楽観的になったほうがいいぐらいだ。

 

 

 

(『海馬 ―脳は疲れない―』 池谷裕二・糸井重里=著 新潮文庫 より抜粋)

 

 

==================================================================

 

 

 

 

 

「ブログを毎日書くコツを教えてください!」

 

と、ある方にお願いされました。

 

が、コツというほどのコツもないのですよね……。

 

ただ淡々と書き続けるだけかなあ……。

 

 

 

と、思いましたけれど、まあ、その

 

「淡々と書き続ける」モチベーションを

 

じゃあ、自分はどうやって養ったのか、

 

というところから考えてみたら、

 

やっぱり、「毎日続けることの効能」みたいなのを

 

知っているか、知らないか、

 

その差は大きいんじゃないかと思ったんですね。

 

 

 

ということで、冒頭の引用です。

 

脳は「べき乗」で発展する……

 

これってすごいことですよね。

 

ものすごく励みになるというか。

 

 

 

天才っていうのは、つまり、

 

「やりすぎちゃった人」のことなんですね。

 

まあ、もちろんそれだけじゃないとは思いますけれど、

 

でも、私のような凡人にとっては、

 

この事実は希望そのものなんです。

 

 

 

まあね、事実、毎日ブログを書き続けていることで、

 

私の表現力、向上していると思いますよ。

 

向上っていうか、まあ、それに対する

 

自分の中の満足度は、高くなっている。

 

 

 

このブログのテーマは最初から一貫していて、

 

たったひとつの「それ」を、どうにかこうにか表現したくて、

 

毎日表現方法を変えてチャレンジしているのですが、

 

なので、最初期に書いた記事と、昨日書いた記事と、

 

結局、言っていることはまったく一緒だったりするのですが、

 

でも、やっぱり、いま読み返してみると、

 

最初の方の文章って、まあ「粗い」んですよね。

 

そこから比べてみれば、少しは……

 

というか、はっきり言って「かなり」(笑)

 

細やかに、正確に、「それ」を

 

書き表せるようにはなっているかな、と。

 

(もちろん、完全な満足っていうのは、

 

いまだに見えてこないものではありますが……。)

 

 

 

脳が「べき乗」で発展するのだとしたら、当然ですよね。

 

開始3日目には「8」だったチカラが、

 

開始636日目である今日には……

 

えーと……2の636乗って……

 

……

 

……

 

……

 

まあ、とにかく天文学的な数値ってことですよ!(笑)

 

 

 

特別なことはしていないです。

 

ただ、毎日淡々と書き続けただけです。

 

それだけで、数値的には「すんごい」ことに

 

なってしまうのだから……

 

そして、本人の実感としても

 

深くうなずけるところはあるのだから……

 

 

 

いやあ、これは希望ですよ!

 

ありがたいことだなあ、と思います。

 

 

 

……ということで、こんな回答でいかがでしょうか。

 

お役に立てればうれしいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい一日をお過ごしください◎