「自灯明」の意味

2016年2月15日

今日は2月15日。

 

お釈迦さまが涅槃に入られた日ですね。

 

 

 

お釈迦さまは、亡くなる少し前に、

 

お弟子さんたちに、こんなことばを遺されました。

 

「よく整えられた自分を拠りどころとし、

 

よく整えられた法を拠りどころとして生きよ」

 

かの有名な「自灯明・法灯明」ということばの

 

元となったお話ですね。

 

 

 

このことば、私はこんな風に受け取っています。

 

「“自分”というものの、ほんとうの姿を知りなさい」

 

 

 

「自分」ということばを聞くと、私たちはどうしても、

 

この自分、個としての自分、固定化された自分、

 

私で言えば「小出遥子」という名の

 

独立した存在としての自分、

 

そういったものを思い浮かべてしまいますよね。

 

でも、お釈迦さまがおっしゃっているのは、

 

たぶん、そういう意味での「自分」ではない。

 

 

 

お釈迦さまは、「無我」ということを説かれました。

 

「無我」っていうのは、

 

「固定化された自分はいない」ということです。

 

 

 

生涯、「無我」を説かれ続けた方が、

 

最後の最後に「個としての自分を拠りどころに……」

 

なんてことを言ったとは、

 

やっぱり、どうしても考えにくいなあ、と思うんです。

 

 

 

いや、でもね。

 

いくら「無我」が真実であれ、そうは言っても、

 

「自分という感覚」は、もちろん“ある”んですよ。

 

 

 

小出遥子の思考は小出遥子にしかわからないし、

 

小出遥子の感情は小出遥子にしかわからないし、

 

小出遥子の体感は小出遥子にしかわからない。

 

それは事実です。

 

 

 

でも、だからと言って、「小出遥子」という名の

 

固定化された存在がいる(ある)のか、と言ったら、

 

それは違うんですね。

 

 

 

「自分」という感覚を構成している

 

「思考」「感情」「体感」という要素は、

 

ほんとうのところ、

 

すべて、「自分不在」のままに、

 

ごくごく勝手にあらわれては、

 

ごくごく勝手に消えていく、

 

そういうはかないものなんです。

 

 

 

「思考」「感情」「体感」それ自体は

 

まぎれもなく“ある”けれど、

 

それらを操っている主体としての

 

固定化された「自分」なんて、

 

ほんとうのところ、どこにもいないということです。

 

 

 

「無我」の「我」は、

 

「行為者」としての「我」ということですね。

 

つまり、この世界に「行為者」はいない、

 

ということになります。

 

 

 

ほんとうは、すべて「ただ起こっている」だけなんです。

 

その「ただ起こっている」ことを、

 

「自分がやった」とか、「あの人がやった」とかって、

 

ごくごく勝手に「勘違い」しては、

 

泣いたり、笑ったり、怒ったり、

 

愛し合ったり、憎しみ合ったりしているのが、

 

私たち人間の姿です。

 

 

 

それが悪いことだとはぜんぜん思いません。

 

だって、その「勘違い」すら、

 

「ただ起こっている」ことなのだから。

 

逆に言えば、その「勘違い」すら、

 

ゆるされているっていうことです。

 

 

 

じゃあ、その「ゆるし」の主体は、いったい、誰?

 

あるいは、いったい、なに?

 

 

 

その答えにあたるものこそが、「自灯明」の「自」、

 

つまり、唯一の「ほんとうの自分」なのだと思います。

 

 

 

「ほんとうの自分」は、そのまま「法(ダルマ)」です。

 

「自灯明」と「法灯明」は、

 

実は、まったく同じことを言っているのですね。

 

このあたりについては、また今度詳しく書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、月曜日。

 

春そのもののような、あたたかい風の中、

 

鼻歌混じりで、ただただ生きていきましょう。

 

 

 

よい一日を◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼岸寺で連載中のお坊さんインタビュー企画

 

「ひらけ! さとり!」

 

今月は番外編として、先月行われた

 

対話の集いTemple vol.6においての、

 

神谷町光明寺僧侶・松本紹圭さんと、

 

Temple主宰である、私、小出遥子の

 

公開ダイアローグを掲載いたします。

 

 

 

仏教はenjoy lifeを説いている???

 

アホでありたい???

 

「ほんとうの自分」っていったいなに???

 

宗教の罠にはまらないためには???

 

……今回もまた、気になる話題盛りだくさん! の

 

相当ディープなダイアローグとなりましたよ。

 

 

 

本日より3日間連続で更新予定。

 

最後までお楽しみくださいませ!

 

 

 

【「ひらけ! さとり!」 番外編】松本紹圭さんとの対話/enjoy life ! (1/3)
http://www.higan.net/satori/2016/02/enjoy-life1.html