不生不滅 不垢不浄 不増不減

2016年11月1日

おはようございます。小出遥子です。

痛みはだいぶおさまったものの、だるさは取れず……
少し遅めの時間の更新です。

昨日は結局、ほとんど布団の中にいたのですが、
痛みに耐えつつ天井を見つめながら、
一年前に体調不良で寝込んだときのこと、
三年前に体調不良で寝込んだときのこと、
五年前に体調不良で寝込んだときのこと、
十年前に体調不良で寝込んだときのこと……
それらを、順番に、ぼんやりと思い出していまして。

ああ、ほんとうに、
“わたし”は、なにひとつ変わっていないな、と。
そんなことを思っていました。

もちろん、肉体は、確実に歳をとっています。
22歳の肉体と32歳のいまの肉体の組成が
まったく一緒だなんて言えるわけがありません(笑)。
(シワは増えたし、アルコール分解能力も著しく低下しました……。)

でも、肉体としての私を瞬間ごとに通りすぎていく
「痛み」や「悲しみ」、ときに「喜び」、ときに「感謝」、
そういった、ありとあらゆるすべてに
ただただ気づいていた透明な存在としての“わたし”は、
一年前も、三年前も、五年前も、十年前も……
まったく変わらずに“ここ”にあるなあ、と……。

生じもせず、滅しもせず、
汚れもせず、清らかになりもせず、
増えもせず、減りもせず、
ただただ、“ここ”にあるなあ、と……。

般若心経に出てくる

不生不滅 不垢不浄 不増不減

って、まさしく、この“わたし”のことを言っているのだなあ、と……。
寝込みながらも、ありがたい気持ちになりました(笑)。

いつだって、この“わたし”と生きている。
だから、いつだって「大丈夫」なのですよね。

 

今日も、休み休み仕事します。

よい一日をお過ごしください◎