嫌いな人=憧れの人

2018年5月11日

誰かを批判する気持ちの底に、その人への憧れが詰まっていることって、実は結構ある。それに気づくと、一瞬絶望するけれど、そのあと笑えてきて、ものすごく明るい気分になれる。面白いもんだなあ。

良くも悪くも自分が「反応」してしまう誰かというのは、
そのまま、自分にないものを持っている誰か、です。

いや、より正確に言うのなら、
自分がおおっぴらにはやれないと思っていることを、
おおっぴらにやってしまう力を持っている誰か、です。

ここでのポイントは「やれない“と思っている”」というところ。

そう、これって単なる「思い込み」なんですよね。

神さま、仏さまは、なにも禁止なんかしていません。
「こんなことしちゃダメだ」とか、
「あんなことしたらバチが当たる」とか、
そんなのはぜんぶ人間の論理です。

誰かを批判する気持ちが自分の中にあることに気づいたら、
それは、自由への扉が、またひとつ開かれたということ。

しっかり観察して、「憧れ」のエッセンスを抽出したら……
思い切って、相手の行動を真似てしまうのも、ひとつの手かもしれません。

ずっとずっとこころの底で「見たい」と切望していた景色は、
その先に開かれているのかもしれませんよ。

私たち、ほんとうは、どんな風に生きたっていいんですよ。

自由を感じるとき、同時に、「ああ、私、生きているな」と思います。

私は、「ああ、よく生きたな、存分に生きたな」と言って、笑って死にたいです。

批判の気持ちを起こさせてくれる相手は、みんな、
自由の国からの「使者」なのかもしれません。

すべての出会いはギフトですね。

 

お読みくださり、ありがとうございました。
よい一日をお過ごしください◎

 

6月17日(日)京都・西本願寺の「日曜講演」に出演します。
講演テーマは「34歳、いち仏教ファンの念仏観」。
どんな風に念仏を受け取っているのか、どんな風に念仏に救われているのか、
「自分ごととしての南無阿弥陀仏」を思い切って語ってしまう予定です。
場所は西本願寺隣の総会所(聞法会館1階)です。
事前申込不要、入場無料。
応援しにきてくださいね〜。

http://www.hongwanji.or.jp/project/news/n001847.html#NichiyouKouen

東京と京都で、お話会「リアル版・遥子の部屋」を開催します。
このブログに書いているようなことをもっとディープに語る時間あり、
Q&Aの時間あり、参加者同士のシェアリングの時間あり……。
ほっとゆるんで安心して、「いま」「ここ」「自分」を生きるヒントが
得られるような会にしたいと思います。

直近では

■5月12日(土) 13時30分〜15時45分 東京都浅草橋駅周辺某所
■5月26日(土) 13時30分〜15時45分 京都市御所南某所

にて開催いたします。
定員各20名。
参加費は各3000円です。

両会場とも終了後に居酒屋さんに場所を移して
懇親会(参加費は3000〜4000円程度)を開こうと思っています。
こちらもふるってご参加くださいね。

ご興味ございましたら、
希望会場と、お名前と、お電話番号と、
懇親会の参加希望の有無と、小出へのひとことを添えて、
以下のアドレスまでお申し込みください。
メールタイトルは“「リアル版・遥子の部屋」参加希望”としてください。
折り返し、詳細メールをお送りいたします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

このブログを読んでくださっている方でしたら、
老若男女問わず、どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお越しくださいね。お待ちしております!

次回のネットラジオ「遥子の部屋」は5月27日(日)19時半からライブで放送します。

日曜の夜、みなさんでダラダラお酒飲みながら、
ああでもない、こうでもない、といろんなことを語りましょう。
これでサザエさん症候群も怖くない!?

あなたのお話、小出遥子が対面でお聞きします。
お悩みのご相談もOK。
これまでの人生をしみじみと振り返っていただくのもOK。
どのようなお話でもまったく問題ございません。
安心できる空間で、ゆっくり、じっくり聞かせていただきます。
もちろん、秘密は厳守いたします。
場所は東京都内某所、もしくは京都市内某所となります。
ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

※スカイプでの遠隔個人面談もはじめました。
こちらもお気軽にお問い合わせください。