「正しい」はない!!! という「正しさ」について

2016年7月13日

「この世に絶対的な“正しい”も

 

絶対的な“間違っている”も、ない!」

 

……みたいなことは、

 

このブログを始めた頃から

 

一貫して言ってきたことですが……

 

 

 

これに関して、ちょっと最近、

 

大発見がありましてね……

 

 

 

それと言うのも、私、

 

「この世に絶対的な“正しい”も

 

絶対的な“間違っている”も、ない!

 

……ということだけは、

 

絶対的に正しい!!!(鼻息)」

 

もっと言えば、

 

「この世に絶対的な“正しい”も

 

絶対的な“間違っている”も、ない!

 

……ということを知っている私は、

 

絶対的に正しい!!!(鼻息)」

 

っていうところに陥っていなかったか……!?

 

っていうか陥っていたでしょ、完全に!!!

 

っていうところで。

 

 

 

いやー、びっくりしました。

 

正直、認めたくなかった。

 

でも、認めざるを得なかった。

 

 

 

「正しさなんてどこにもないぜ!!!」

 

と絶叫する「正しさ」に、

 

私、結局は固着していたんだなあ……と。

 

 

 

これ、ほんとうにショックなことで。

 

まあ、結構、落ち込みました……。

 

 

 

でも、

 

私なりに反省して、反省して、反省して、

 

反省しまして。

 

 

 

すると、その先に、

 

じゃあ、私、今後どうしよう……!?

 

という青臭い悩みが当然待ち構えていまして。笑

 

 

 

「正しさ」という指針を失って、

 

いったい自分がなにをすればいいのか、

 

どの方向に進むべきなのか、

 

一瞬、完全にわからなくなってしまったのです。

 

 

 

これまでは、「否定すべき」ものに焦点をあてて

 

そこに向けてメッセージを発信していれば良かったので、

 

まあ、正直、楽だったんです。

 

 

 

でも、

 

「この世に絶対的な“正しい”も

 

絶対的な“間違っている”も、ない!」

 

ということが、

 

ほんとうにほんとうにほんとうに!

 

おなかの底から理解されてしまったいま、

 

つまり、「否定すべき」なにかを

 

完全に失ったいま。

 

 

 

私、いったいなにをして、

 

どうやって生きていこうかな、って。

 

 

 

……でも。

 

そんな風に悩んだのは、一瞬でした。

 

 

 

だってね、

 

「正しさ」という基準が

 

どこかに行ってしまったとしても、

 

「好き」っていうのは、

 

やっぱり、強くあるので。

 

 

 

なにかをする理由なんて、

 

「好き」という気持ちひとつで十分なんじゃない?

 

「それが好き」。「だからする」。

 

それだけで十分なんじゃない?

 

って。

 

 

 

……一周まわって、

 

シンプルになってしまいました。

 

 

 

でも、シンプルは、強いですね。

 

 

 

ご縁の中でおのずと湧き上がってくる「好き」に

 

ただただ正直に、動いていこう。

 

 

 

青臭くてすみません。

 

でも、正直な気持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい一日をお過ごしください◎