いまここを生きる≠未来や過去を考えない

2016年7月21日

「いまここを生きる」

 

っていうのは、

 

「未来」や「過去」について

 

一切思考しないで生きることとは

 

絶対的に異なるんだよな~

 

……なんてことを思います。

 

 

 

だって、実際、

 

そんなこと無理ですものね。

 

 

 

「今年の夏休み、どこに行こうかな~」

 

とか、

 

「昨日観た映画、最高だったな~」

 

とか、

 

そういうことをまったく考えずに生活することなんか、

 

まあ、できる人はできるのかもしれないけれど、

 

私にはできる気がしないし(笑)

 

そういう風になりたいとも思いません。

 

 

 

未来や過去のことをリアルに思えるのって、

 

実はものすごく豊かなことだと思うから。

 

 

 

もちろん、

 

いまだ来たらぬことに思いを馳せ過ぎて

 

必要以上に不安になってしまったり……

 

すでに過ぎ去ってしまったことを考え過ぎて

 

必要以上の後悔に苛まれてしまったり……

 

そういうのは、まあ、つらいことだし、

 

ばかばかしいことでもあるのですが、

 

(毒舌ですみません!)

 

 

 

でも!

 

 

 

なんだろうな~

 

そこにこそ、「人生」の醍醐味的なものは

 

詰まっているんじゃないの?

 

と、

 

安直なポジティブシンキングとはまた別のところから

 

しみじみと思ったりもしていて……。

 

 

 

いまここにないもののことを

 

いまここで思える

 

って、

 

実は、ものすごく豊かなことだなあ、って。

 

 

 

それこそ、映画を観ているようなものですよね。

 

絶対的に安心・安全な場所にいながら、

 

スクリーンの中のさまざまな出来事を

 

ものすごくリアルな感懐とともに味わえる……。

 

 

 

面白いなあ、と思います。

 

 

 

逆に言えば、

 

絶対的に安心・安全な場所にいるということを

 

どこかで「知っている」からこそ、

 

スクリーン上の映像という実体なき世界を

 

こころの底から味わい切れる、

 

というのもあるんじゃないかな。

 

 

 

ほんとうは、みんな、

 

「知っている」んじゃないかな、って。

 

 

 

梅雨の明けきらない東京の空の下、

 

そんなことをぼんやりと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのこころが穏やかでありますよう。

 

よい一日をお過ごしください◎