生まれる前に決めてきたことをやる時は

2016年7月22日

私は、基本的には、

 

「個別の転生」

 

というストーリーに、

 

興味や関心はあっても、

 

強いリアリティーを感じている

 

というわけではないのですが、

 

でも、

 

やっぱり面白いお話だなあ、と思っています。

 

 

 

仏教で説く「無我」とかね、

 

そういうのとの整合性を言いはじめたら

 

キリがないのですが、

 

(以前はそこにこだわり過ぎて、

 

「転生」なんてあるはずない!

 

だって「無我」なんだもの!

 

とかって絶叫してはばかりませんでした……。

 

夢のない女……。あはは!)

 

まあ、単純に「面白い!」と思うし、

 

時に、「その考え方、すごく役立つなあ~」

 

と思うこともあるので、

 

そういうときは、素直にうなずいています。

 

そっちの方が豊かですよね◎

 

 

 

で。

 

その「転生」にまつわるお話で、

 

私の大好きなものがひとつあって。

 

 

 

それは、

 

自分が生まれる前に選んで決めてきた

 

「今生でやるべきこと」に

 

いよいよ着手するその前は、

 

人間、誰でも、めちゃめちゃ怖くなる!

 

……っていうものです。

 

 

 

これ、たぶん、仕事でも人間関係でも

 

なんでもそうだと思うんですけれど……

 

怖くなるんですって。

 

「やるべきこと」というか

 

「やった方がいいこと」にいよいよ乗り出す前は。

 

 

 

……わかる。

 

 

 

いや、私自身、

 

自分が生まれる前になにを決めてきたのかなんて

 

さっぱりわからない(というか「覚えていない」?)のですが、

 

でも、

 

「私、これ、ぜったいにやった方がいいんだろうな……」

 

って思うことに取り組む前は、

 

「ぜったいにやりたい!」

 

っていう熱い気持ちと

 

まったく同じ分量で、

 

「でもやっぱり怖い……!!!」

 

っていうのが、めちゃめちゃ強く出てくるなあ、と……。

 

 

 

その恐怖感たるやすさまじいもので、

 

夜中にがばっと飛び起きてしまうぐらい、

 

治癒したはずの十二指腸潰瘍がぶり返しそうになるぐらい、

 

まあ……そのぐらい「おっかない」ものなんですよね……。

 

 

 

って、なにを隠そう、私自身、いま必死で

 

その「恐怖感」と戦っているところで……!

 

秋からね、私、またあたらしいこと始めようと思って。

 

先日より、その実現に向けて、

 

いよいよ本格始動しているんですが……

 

いや~、まあ、これが、「おっかない」んですわ。

 

「やりたい!」し、「絶対にやる!」んですけれど、

 

それとまったく同じ分量で

 

「とにかくおっかない!」んですわ……。

 

 

 

まあ、「絶対にやる!」んですけれどね。

 

だって、やらなかったら余計に怖くなってしまうってことは

 

いままでの経験上、ばっちり目に見えているので。

 

 

 

で、恐怖感を乗り越えたら、

 

想像を軽々と超えていくような「楽しさ」が

 

そこに待ってくれていることもわかっているので。

 

 

 

あのー……

 

ほら、イベント会場とかによくあるじゃないですか、

 

ゾウさんやクマさんのかたちをした

 

巨大な風船型の遊具。

 

子どもが中に入ってぽんぽん跳ねて遊ぶやつ。

 

(わかりますかね? あれ、名称なんて言うんですか?)

 

私は幼い頃、あれが本当に大好きで。

 

 

 

でもね、あれ、入る瞬間、

 

ものすごい圧をもった風が

 

「ぶわ~~~!」って

 

中から吹きつけてくるんですよね。

 

それがね~、幼い頃の私には本当に恐怖で。

 

一瞬、息ができなくなるんですよ。

 

「死ぬかも」って思うんですよ。

 

ちっちゃい子には、あれ、ちょっと怖すぎますよ。

 

 

 

「中には入りたい!」

 

「でも、あの入口の“ぶわ~~~!”はヤダ!」

 

って、

 

もうほとんど涙目になっちゃって、

 

数分間、親や係の人に呆れられながら

 

激しい逡巡を繰り返したのち、

 

意を決して入ってみれば、

 

「風ぶわ~!」なんてほんの一瞬で、

 

中にはめくるめくワンダーランドが展開していて……。

 

散々泣いて悩んで迷っていたことなんてすっかり忘れて、

 

あっという間に遊びに夢中! みたいな……。

 

 

 

なんかね、

 

ぜんぶ、あれと一緒なんじゃないかな、

 

って思うんです。

 

 

 

怖いのなんて、最初の一瞬。

 

あとはもう、

 

「飛び込んでよかった!」だけの世界になるというか。

 

それこそ「遊び」だけの世界ですよね。

 

 

 

「怖い!」に負けていたら、

 

ぜったいに味わえない境地があるのですね。

 

 

 

それが

 

「生まれる前に設定してきた課題」

 

なのだとしたら、

 

もうね、なおさら、

 

「肚をくくるしかない!」

 

わけで。

 

 

 

やります。

 

 

 

って、結局自分の話にしてしまいましたが、

 

もうね、ホント、

 

「やりたい!」ならば「やるしかない!」んだと思う。

 

 

 

シンプルすぎる結論ですが。

 

 

 

がんばろうね。

 

(自分に気合い!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びっくりするほどひんやりとした東京の朝です。

 

よい一日をお過ごしくださいね◎