ブログ 記事一覧

「主義」より「趣味」を

2018年10月21日
「○○主義者」を標榜する人たちが徒党を組むと暴走が始まるような……。「主義」はマズいよ。「趣味」ぐらいで留めておこうよ。単体の「○○趣味者」が、ごく時折、ゆるく集ってたのしくお茶するぐらいがちょうどい ……

「サイのツノのように、ただひとり歩め」

2018年10月20日
人は、どう頑張ったって、どんなに努力したって、どこまでいっても「ひとり」なのだと、世界は人の数だけあるのだと、そのことがわからない限り、「暴力」の連鎖は続いてしまうんじゃないかな。ここで言う「暴力」っ ……

恥ずかしくてもやりたいんでしょ?

2018年10月19日
「恥ずかしい」けど「やりたい」ことから順にやっていくと、人生、確実に面白くなる。これはもう、間違いのないこと。他人って、思っている以上に自分のこと見てないよ(笑)。「恥ずかしい」と思っているのは、実は ……

VRゴーグルかけてますから

2018年10月18日
去年の今頃に起きた出来事を思い返すと、「前世か……?」ぐらいの感覚に包まれる。遠い記憶だ。と同時に、あの頃感じていた痛みを、いま、この瞬間に生々しく引っ張り出すこともできる自分もいて。ああ、ほんとうに ……

自分と二人っきり

2018年10月17日
「ひとり」って、実はぜんぜん「一人」じゃなくて、そこにはぜったいに「みんな」がいて。でも、「みんな」が見えてくる前に、一瞬、「自分と二人っきり」っていう不思議な感覚があらわれるんだよね。 「みんな」に ……

「お前も俺も死ぬんだぜ?」

2018年10月16日
どんなに自分にとって不都合な言動を取る相手でも、「あの人も懸命に生きているだけなんだよな」「懸命に生きて、時が来たら死ぬんだよな」「それは私も同じなんだよな」と思うと、「それなら、まあ、いっか」「お互 ……

おなかが本体、あたまは飾り

2018年10月15日
「思考停止」と揶揄される状態って、実際には感じることを停止している状態なんじゃないか。感性(おなか・肚)をはたらかせずに、思考(あたま)だけを過剰にはたらかせた結果生じるのが、「思考停止」と呼ばれる、 ……

神さまが見ている

2018年10月14日
いまここに存在する自分に、「そうじゃないだろ!」「そんなもんじゃないだろ!」とツッコミを入れる自分のさらに「外側」に、もはやなんのジャッジもしない「透明な目」としての自分がいる。その自分こそが、実は、 ……

元に戻る旅

2018年10月13日
結局、子どもの頃に、誰の目を気にすることもなく、ごく自然にやっていたことをするのが、いまの自分をいちばん「健やか」に保つ秘訣なんじゃないかな、と思っている。私の場合で言えば、超早起きとか、超少食とか。 ……

大切なのは「自分」との距離感

2018年10月12日
自分との間に適切な距離感を保てるようになると、他者との間にも適切な距離感を保てるようになる。すると自分以外の他者のことを安心して好きになったり嫌いになったりできるようになる。さらにその段階を超えると、 ……