Words 記事一覧

【釈迦】天上天下唯我独尊

2014年5月14日
「天上天下唯我独尊」。とっても有名なことばですね。このことばは、ふたつの視点からの解釈が可能だと思っています。 ひとつめは、ひとりの人間としての視点。この視点からこのことばを訳すと、「私という存在は、 ……

【一遍】よろず生きとし生けるもの 山河草木吹く風立つ波の音までも 念仏ならずと言ふことなし

2014年5月14日
私は、念仏者です。念仏をとなえはじめたきっかけは忘れてしまいました。気がついたときには、すでに、「南無阿弥陀仏」が、私の人生の真ん中にありました。 はじめは、「私が念仏をとなえている」という感覚があっ ……

【空海】本心は主 妄念は客なり

2014年5月14日
自分のほんとうのこころはゲストハウスのようなもので、ありとあらゆる思考、感情、感覚は、そこを訪れるゲストのようなものなのだ、という話を聞いたことがあります。とても素敵だし、非常に的を射た、わかりやすい ……

【臨済】随処作主 立処皆真

2014年5月14日
今回は臨済宗の開祖・臨済義玄禅師の『臨済録』という書からことばをピックアップしてみました。「随処に主と作(な)れば、立処皆な真なり」と読み下せます。「どこにいても本来的な自分の姿を忘れなければ、いずれ ……

【道元】もし悟りよりさきのおもひをちからとして悟りのいでこんは、 たのもしからぬ悟りにてありぬべし

2014年5月14日
今回は道元禅師のことばをピックアップしてみました。「もし、さとりよりも前に“さとりとはこういうものだろう”と考えて、その通りのさとりらしきものがあらわれたとする。しかし、それがほんとうのさとりなのかど ……

【沢庵】思わじと思うも物を思うなり、思わじとだに思わじやきみ。

2014年5月14日
今回は安土桃山時代から江戸時代前期にかけて活躍された、臨済宗のお坊さん、沢庵禅師のことばを選びました。「思いを浮かべるまい、と思った時点で思いになってしまっている。思いを浮かべるまい、とすら思わないこ ……

【達磨】迷うがとき人、法を追い、さとるがとき法、人を逐う。

2014年5月14日
今回は、禅の開祖、達磨大師のことばを選んでみました。仏教で言う「法」というのは、「真理」のことです。なので、冒頭のことばは、「迷いの中にあるときは、人は真理を追い求める。しかし、ひとたびさとってしまえ ……

【盤珪】仏になろうとしようより、仏でおるが造作がのうて近道でござるわいの

2014年5月14日
今回は、江戸時代前期の臨済宗のお坊さん、盤珪(ばんけい)禅師のことばを取り上げます。現代風に崩してしまえば、「なんとかして仏になろうと頑張るよりも、そのまま仏として生きてしまう方がラクチンですよ」とい ……

【一休】心というものは、いかに判じ申すに、 かげかたちなきもの也

2014年5月14日
心というものが、人間ひとりにつきひとつずつ与えられていて、その実在はもはや疑いようのないものである……という「幻想」が、すべての誤りの大元なのではないかな、なんてことを思うことがあります。 私たちは、 ……

【道元】眼横鼻直(がんのうびちょく)なることを認得(にんとく)して人に瞞(まん)せられず

2014年5月14日
今回は道元禅師のことばを選びました。「眼は横に、鼻は縦についている。このように、当たり前のことを、真実、ありのままに見つめ、あるがままに認めることさえできたら、自他に騙されることはなくなるだろう」…… ……