Words 記事一覧

【良源】迷えば石木異なれども、悟れば氷水ひとつなり

2014年5月14日
良源さんは平安時代の天台宗のお坊さんです。一般的には元三(がんざん)大師という通称の方が有名かもしれませんね。 「迷いの中にあるときは、石と木はまったくの別物に見えるが、さとりの目で眺めてみれば、氷と ……

【空海】日月(にちげつ)空水(くうすい)を光(て)らす。 風塵(ふうじん)妨ぐるところなし。

2014年5月14日
今回は弘法大師の『性霊集』という書物からことばをピックアップしました。日の光、月の光は、空や水をも含んだ万物を照らしている。世界にどんなに塵が多く舞っていたとしても、その光を妨げるものではない。……と ……

【無難】かならず仏になると思うべからず、 仏にならぬが仏なり。

2014年5月14日
今回は江戸時代初期の臨済宗のお坊さん、至道無難(しどうむなん)禅師のことばを選びました。「決して仏になろうなどと思ってはいけない。仏にならないものが仏なのだから」といったような意味になるでしょうか。 ……

【夢窓疎石】しるしなきこそ、しるしなりけり

2014年5月14日
今回は南北朝時代から室町時代初期にかけて活躍した臨済宗のお坊さん、夢窓疎石国師のことばを選びました。「効験がないことこそが、神仏のおぼしめしである」といったような意味になるでしょうか。神仏に直接的なご ……

【親鸞】善悪の二つ惣じて存知せざるなり。

2014年5月14日
今回は親鸞聖人のことばを選びました。文字通り、「私には善や悪ということはまったくわからない」という意味になります。 仏さまの前では、どのような人間も、みな一様に「なにものでもないもの」です。すべてが「 ……

【慈雲】飢え来たれば飯を喫し、困(こん)じ来たれば眠る、悟りて何の益がある。

2014年5月14日
今回は、江戸時代後期の真言宗僧侶、慈雲尊者のことばを選んでみました。「おなかが空いたらご飯を食べる。疲れがきたらただ眠る。さとりの先に特別に得るものなどない」といったような意味になるでしょうか。 おな ……

【一休】有漏路より無漏路へ帰る一休み 雨降らば降れ 風吹かば吹け

2014年5月14日
今回は一休禅師の名前の由来とも言われる句を選んでみました。 有漏路(うろじ)とは思考が作り出したファンタジーの世界に迷ってしまっていること、無漏路(むろじ)とはファンタジーの世界を抜け出して、ただ、い ……

【沢庵】物一目見て、その心を止めぬを不動と申し候

2014年5月14日
沢庵(たくあん)さんは、安土桃山時代から江戸時代前期にかけて活躍された、臨済宗のお坊さんです。今回のことばは、沢庵さんが、不動明王の智慧について解説された書物から抜粋しました。「物を見ても、それに心を ……

【親鸞】親鸞は弟子一人ももたずそうろう

2014年5月14日
今回は親鸞聖人のことばを選びました。文字通り「私は一人の弟子も持たない」……つまり「私に弟子は一人もいない」という意味になるのでしょう。 仏さまの前では、みな一様に「なにものでもないもの」です。なにも ……

【最澄】ただ耳より入り、口から出ずるを尊び、 内心を治むることを得ず

2014年5月14日
今回は伝教大師・最澄さんのことばを選びました。ちょっと辛口に解釈すると、「教えを聞いたり、経文をとなえたりするだけで満足しているうちは、心の平安は得られない」といったような意味になるでしょうか。 人間 ……