Words 記事一覧

【空海】生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く 死に死に死に死んで死の終わりに冥(くら)し

2018年9月13日
まだあたらしいセミの抜け殻をあちこちで見かけるようになりました。と同時に、力尽きて地面に転がってしまったセミの姿もちらほらと……。命の力強さとはかなさとを、まったく同じ分量で感じる季節ですね。 私たち ……

【無量寿経】各各安立

2018年9月13日
今回は浄土系の経典である『無量寿経』の中から「各各安立(かくかくあんりゅう)」ということばを選んでみました。阿弥陀如来の世界では、すべての存在が持って生まれた個性をそのままに発揮し、しかも互いを侵し合 ……

【快川】心頭を滅却すれば火も自ずから涼し

2018年9月13日
いよいよ暑さが本格化してきましたね。ということで、このことばをピックアップしてみました。「心頭を滅却すれば火も自ずから涼し」。ものすごく有名な禅語ですよね。しかし、私は、随分長い間、この意味を誤解して ……

【仙がい】気に入らぬ風もあろふに柳哉

2018年9月13日
今回は、江戸時代の臨済宗のお坊さんである仙がい和尚の『堪忍柳画賛』という禅画に書かれたことばを紹介します。 『堪忍柳画賛』には、吹きつける風にしなやかに枝をなびかせる柳の大木が中央に描かれており、その ……

【蓮如】心得たと思うは、心得ぬなり。 心得ぬと思うは、こころえたるなり。

2018年9月13日
以前、あるところで、“「そうじゃない!」から「そうなんだ!」への転換が起きた瞬間をブレイクスルーと呼ぶ”といったようなお話をうかがって、大変感動しました。 「そうじゃない!」からは、自分の知識の殻に閉 ……

【栄西】大いなる哉心や、天の高きは極むべからず、しかるに心は天の上に出づ

2018年9月13日
今回は日本臨済宗の開祖・栄西禅師のことばを選びました。「心とはなんと大いなるものであろうか。天はどこまで続いているのか計り知ることもできない。しかし、心というのは、その天をもすっぽりと包みこんでしまう ……

【親鸞】わがこころのよくて、ころさぬにはあらず。 また害せじとおもうとも、百人千人をころすこともあるべし。

2018年9月13日
……ドキッとされた方も多いのではないでしょうか。これは『歎異抄』という書物におさめられた、親鸞聖人のことばです。 いままで誰かを殺したことがないのは、なにも自分の心が正しいからではない。縁によっては、 ……

【浅原才市】迷いが迷いに居るのと 法が迷いに居るのとは 違いがしております

2018年9月13日
今回は、江戸時代から昭和にかけて生きた妙好人(浄土教の篤信者)、浅原才市(さいち)さんのことばを選びました。 才市さんは、「迷い」にも二種類あるとおっしゃいます。ひとつは、「迷い」というものを絶対的な ……

【大日経】いかんが菩提とならば、 いわく、実の如く自心を知るなり

2018年9月13日
今回のことばは、真言密教の根本経典とされる『大日経』の一節です。「さとりとはなにか? ありのままに自分のこころを知ることである」といったような意味になるでしょうか。この思想は「如実知自心(にょじつちじ ……

【盤珪】悪を嫌うを善じゃと思ふ 嫌う心が悪じゃもの

2018年9月13日
盤珪(ばんけい)さんは江戸時代の臨済宗のお坊さんです。やさしいことばをもって、大名から庶民に至るまで、広く禅のこころを伝えられました。今回は、「うすひき歌」として伝わっている書物の中からことばを拾って ……