Words 記事一覧

【勝鬘経】花は咲く縁が集まって咲く

2014年5月14日
今回は、桜の季節にふさわしいことばをチョイスしてみました。原文では、「花は咲く縁が集まって咲き、葉は散る縁が集まって散る」と続きます。 花は、決して自分の力だけで咲くのではない―― その背後には、個別 ……

【道元】この生死は、すなはち仏の御いのちなり

2014年5月14日
今回のことばは、道元禅師の『正法眼蔵』の中からピックアップしてみました。冒頭の「この生死」というのは、そのまま、「個としての自分(私)のいのち」と読み替えることができるのではないでしょうか。 「個とし ……

【聖徳太子】世間虚仮、唯仏是真

2014年5月14日
今回は、国宝・「天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)」に記された、聖徳太子のことばを選んでみました。読み下すと、「世間は虚仮(こけ)にして、唯(ただ)仏のみこれ真(まこと)なり」となるようです。 正 ……

【一遍】地獄をおそるる心をも捨て、極楽を願ふ心をも捨て、又諸宗の悟りをも捨て

2014年5月14日
今回は時宗の開祖である一遍上人のことばを選んでみました。さすが、「捨聖」の異名を持つ一遍さん、徹底した「捨て」の精神には圧倒されるばかりです。「地獄」も「極楽」も「さとり」をも捨てろ、だなんて……。 ……

【雲門文偃】日日是好日

2014年5月14日
今回は、雲門文偃(うんもんぶんえん)禅師という、中国唐代から五代にかけて活躍されたお坊さんのことばを選びました。とても有名な禅語ですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。彼岸寺にも同名のタイトル ……

【親鸞】この如来微塵世界にみちみちてまします。すなはち一切群生海の心にみちたまへるなり。

2014年5月14日
「(阿弥陀)仏は世界のどんなところにも満ち満ちている。すなわち、生きとし生けるものの上にも、仏はかならず満ちているのだ」といったような意味になるでしょうか。 この親鸞聖人のことばを受け取って、私は、古 ……

【抜隊】耳に声をきき響を知る主は、さて是れ何物ぞ

2014年5月14日
今回は、南北朝時代の抜隊得勝(ばっすいとくしょう)禅師のことばを選びました。臨済宗向嶽寺派を開かれたお坊さんです。 「耳に声を聴いて、響きを知るものの正体は、さて、いったい誰(何)なのでしょう?」 こ ……

【釈迦】来て、見よ。

2014年5月14日
今回は、「仏教」の大元にあることばを選んでみました。「来て、見よ」(Ehipassika)という、お釈迦さまのことばです。 お釈迦さまは、決して、「私の語ることを信じなさい」とはおっしゃらなかった。た ……

【覚鑁】毘盧と弥陀は同体の異名、 極楽と密厳は名異にして一処なり。

2014年5月14日
今回は、平安時代の真言僧、興教大師・覚鑁(かくばん)さんのことばを選びました。真言宗中興の祖で、「新義」と呼ばれる教学を確立されたことで有名なお坊さんです。 覚鑁さんは、「大日如来と阿弥陀如来は、同体 ……

【柳宗悦】ドコトテ御手ノ真中ナル

2014年5月14日
今回は、明治から昭和にかけて活躍された思想家、美学者、かつ宗教哲学者である、柳宗悦(やなぎむねよし)さんのことばをご紹介します。これについては、私がくどくどと解説を並べ立てるよりも、ご本人の文章を引用 ……