Words 記事一覧

【道鏡慧端】一大事とは、今日只今の心なり

2018年9月13日
道鏡慧端(どうきょうえたん)さんは、江戸時代の臨済宗のお坊さん。「正受老人」の名前の方が知られているかもしれませんね。臨済宗の中興の祖・白隠禅師の師にあたり、厳しい指導によって、彼を大悟まで導いた人物 ……

【空海】若し自心を知るは即ち仏心を知るなり。仏心を知るは即ち衆生の心を知るなり。

2018年9月13日
今回は弘法大師・空海さんのことばを選んでみました。 「自身のほんとうの姿を知ることは、そのまま仏の姿、そして他者のほんとうの姿を知ることである」といったような意味になるでしょうか。「自」と「他」との間 ……

【良寛】焚くほどは風が持てくる落葉かな

2018年9月13日
木々の葉の色も日ごとに深みを増していきますね。ということで、今回は上記の良寛禅師のことばを選んでみました。 「自然のはたらきに沿って生きていれば、焚くのに必要なだけの落葉はちゃんと与えられるものだ。( ……

【法然】月かげのいたらぬさとはなけれどもながむる人の心にぞすむ

2018年9月13日
上記は法然上人の詠まれた歌で、浄土宗の宗歌にもなっています。「阿弥陀仏の光明は全世界をあまねく照らし、どんな人をも救い取るという慈悲の心を歌われたもの」とされています(浄土宗公式サイトより)。 「この ……

【釈迦】不放逸は不死への道である。放逸は死への道である。

2018年9月13日
今回のことばも『法句経(ダンマパダ)』からの引用です。 「不放逸」は、パーリ語でappamadaと表記するのだそうです。aは否定語。ppamadaは自分の考えや他人の考えに酔って、真実が見えなくなって ……

【道元】迷を大悟するは諸佛なり

2018年9月13日
上記のことばは、道元禅師の遺された『正法眼蔵』「現成公案」の中の一節です。 「さとり」と聞くと、私なんかはどうしても、一切の迷いのない、澄み渡った青空のような境地をイメージしてしまうのですが、どうもそ ……

「迷故三界城」「悟故十方空」 「本来無東西」「何処有南北」

2018年9月13日
上記4つは、お遍路さんの装束のひとつである菅笠に書かれたことばです。菅笠には、このほかに、弘法大師を表す一文字の梵字と、「同行二人」の四文字が書かれています。お大師さんが真正面にくるようにかぶるのが正 ……

【釈迦】怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。怨みをすててこそ息む。これは永遠の真理である。

2018年9月13日
今回のことばは『法句経』からの引用です。 うらみを捨ててこそ……。なるほど、確かにその通りだろうなあ、と思わず頷いてしまうような、説得力のあることばです。どんな人だって、できることならいつでもこころ穏 ……

【聖徳太子】和を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ

2018年9月13日
今回は日本仏教の原点までさかのぼって、ことばをチョイスしてみました。言わずと知れた「十七条憲法」の第一条の文言ですね。この憲法は、一般に、仏教思想を中核として組み立てられたものと考えられています。 実 ……

【盤珪】不生で聞く

2018年9月13日
盤珪永琢(ばんけいようたく)禅師は、江戸時代前期の臨済宗のお坊さん。平易なことばで、人々に広く法を説いて回ったという伝承のある人物です。 その盤珪さんが一生涯となえ続けたのが「不生の仏心」の教え。「不 ……