Words 記事一覧

【一遍】こゝろよりこゝろをえんと意得(こころえ)て心にまよふこゝろ成けり

2014年5月14日
これは、あるお坊さんの「こころこそが大事なものであって、格好などどうでも良い」といったような発言に対しての、一遍上人の返歌だそうです。「こころ、こころと繰り返して、結局こころに迷ってしまっているではな ……

【一休】元の身はもとのところへかえるべしいらぬ仏をたずねばしすな

2014年5月14日
お盆ですね。この時期、お墓参りに行かれる方も多いのではないでしょうか。 お墓の前でじっと手を合わせていると、ふいに、「人は、死んだらどこへ行くのだろう?」なんてことを考えはじめてしまう自分がいます。そ ……

【雑阿含経】二辺を離れ中道を説く

2014年5月14日
先日、あるお坊さんと、「中道とはなにか」といったようなテーマでやりとりをしていました。その方は、こんな風におっしゃっていました。 「中道って、名詞的に固定化されたものではなくて、むしろ動詞なのではない ……

【最澄】己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり × 【道元】堂中の衆は、乳水のごとくに和合して、 たがいに道業を一興すべし

2014年5月14日
忘己利他。「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」。素敵なことばですよね。でも、このことばを受け取るときには、ほんの少し、気をつけないといけないかな、とも思うのです。 注意すべきは「己を忘れて他を利す ……

【浅原才市】才市どこが、浄土かい。 ここが浄土の、なむあみだぶつ。

2014年5月14日
浅原才市(1850-1932)は妙好人(みょうこうにん)を代表する人物とされています。妙好人とは、在家において浄土教を篤く信仰した念仏者のこと。才市さんは山陰地方の下駄職人だったそうです。 彼は言い切 ……

【空海】物に定まれる性なし。人、何ぞ常に悪ならん。 縁に遭うときはすなわち庸愚も大道を乞い願う。 × 【親鸞】さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし。

2014年5月14日
「“私”というのは、どこまでも、“縁によって”成り立っている存在なのだなあ……」 そんなことを、ふと、深く実感するようなときがあります。 なにも大げさな話じゃないんです。たとえば、以前はまったく好きに ……

尽十方無碍光如来 × 尽十方界真実人体

2014年5月14日
先日、6人のお坊さんの活動を追った、後藤サヤカ監督渾身のドキュメンタリー映画、「Buddhist -今を生きようとする人たち-」の完成後初となる上映会が、すみだリバーサイドホールにて行われました。 上 ……

【親鸞】自身を深信す

2014年5月14日
今回のことばは親鸞さんの『愚禿抄』からの抜粋です。「エゴの心にまとわりつかれ、迷いに埋没して生きるよりほかない愚かなわが身のありようを、深く信知すること」といった意味になるのだそうです。 (大谷大学「 ……

【日蓮】まず臨終のことを習うて、のちに他事を習うべし

2014年5月14日
「人は、他人の死は体験できても、自分の死だけは、決して体験できない」 あるとき、ふいにこの事実に気づいた私は、あまりにびっくりして、思わずその場で立ちつくしてしまいました。 これ、考えてみれば当たり前 ……

【良寛】災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 死ぬる時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるゝ妙法にて候

2014年5月14日
今年も蚊が飛び回る季節がやって参りました……。が、私は、それをそんなに憂鬱なこととは認識していません。なぜなら、数年前に、蚊に刺されたときの一番の対処法を体得したからです。 それは「刺されても、気にし ……