2014年9月 記事一覧

「方便」ということ。

2014年9月11日
仏像は「仏」の「像」なのであって、「仏」そのものではない。   「像」はツールに過ぎない。いわば方便。   そう、「仏像」なんて単なる方便なのだ。   「像」を超えたもの ……

自力と他力のはざまで。 その2

2014年9月10日
まず「阿弥陀さま」という方便(とか言うと怒られそうですが……)を用意して、その存在が自分の代わりに一切をやってくれる、考えることすらやってくれる。だから自分はただただくつろいでいればいい。思考を投げ出 ……

自力と他力のはざまで。 その1

2014年9月9日
衆生本来仏なり 水と氷の如くにて 水を離れて氷なく 衆生の外に仏なし 衆生近きを知らずして 遠く求むるはかなさよ たとえば水の中に居て 渇を叫ぶが如くなり   (白隠禅師「坐禅和讃」より抜粋) &nb ……

消しゴム仏はんこ曼荼羅

2014年9月8日
  仏はんこ師兼イラストレーターのにっひさんが、今年の春からあたらしい試みを始めている。仏像リンクという活動の主催者であるINAZOさんからの依頼で、だいたい2か月に一度、渋谷で消しゴムはん ……

“ある”を生きている人と、“ない”を生きている人。

2014年9月7日
先日、私の恋人がこんなことを言った。   「この世界には二種類の人間がいるんだよね。“ある”と思っている人と、“ない”と思っている人。もしくは、“ある”を生きている人と、“ない”を生きている ……

「買う」ということ。

2014年9月6日
昨晩は私にしては珍しく、24時過ぎまで起きていた。ひとり、断捨離大会を開催していたのである。   定期的にいまの自分には不要になってしまったものを処分するようには心掛けてはいるが、まあ~不思 ……

全身で施無畏印を形作って。

2014年9月5日
奈良の大仏・盧舎那(るしゃな)さまの一番好きな箇所は、文句なしにあの手だ。肉付きが良くて、ふくふくしていて、丸くて、四角くて、力強くて。見ているだけで心がすうーっと落ち着くような、あの巨大な手の中に、 ……

人生を創る。

2014年9月4日
さっきふと思ったのが、「出来事」は選べない。だけど、その出来事に対してどんな感情を持つかは自分で選べるということ。   だって、自分の人生という舞台の主役は、ほかでもない、自分自身なのだから ……

「ひとつ」を選ぶ。

2014年9月3日
たとえば、この世に存在する幸福の総量が100だとする。目の前の他人がそのうちの70を味わってしまったら、イコール、自分に転がりこんでくる幸福は、30未満になる……?   なんてこと、あるわけ ……

なんにだって「慣れる」→「成れる」。

2014年9月2日
一日一食という生活スタイルになって、どのぐらいになるだろうか。街に出たときや、いただきものをしたときなど、時折お昼になにかをつまむことはあるが、だいたい毎日、夕食のみで暮らしている。   最 ……